生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 子どもたちと「イースター」を楽しむ方法

子どもたちと「イースター」を楽しむ方法

2011年02月20日作成

 views

「イースター」という言葉を聞いたことがありますか。

日本ではあまり馴染みのない言葉ですが、アメリカでは、エッグハント(卵狩り)やエッグロール(卵転がし)という、子供の遊びもあるほど有名なお祭りです。

もしかしたら日本でもイースターエッグと呼ばれるカラフルな卵は、見たことがあるかもしれませんね。

イースターの日は「クリスマス」と同じように、家族でごちそうを食べて祝うのが普通です。

そこで今回は、この「イースター」についてその基礎知識、子どもたちとできる楽しみ方などをご紹介したいと思います。

目次

イースターの基礎知識

まず、はじめに「イースター」の日付ですが、クリスマスとは異なり毎年変わるのが特徴です。それは、この「イースター」が「春分の日の後の、最初の満月から数えて最初の日曜日」と定められているからです。

具体的には、3月22日から4月25日の間になります。例えば、2011年は4月24日、2012年なら4月8日となります。

「イースター」は別名、「復活祭」とも言われています。つまり「イエスキリストの復活を祝う日」なのです。

先にも述べたように「春分の日の後の、最初の満月から数えて最初の日曜日」にイースターを祝うのも、このイエスキリストが復活したのが「日曜日」だったためだと言われています。

日本は、主に仏教の国なので、なかなかキリスト教に関連したこの「イースター」に接する機会がなかったのも、何となくうなずけますよね。

でも、アメリカはキリスト教の国なので、この「イースター」のお祭りが各家庭ではもちろんのこと、アメリカ全土あちらこちらで盛大に行われます。

家庭で出来るイースターの楽しみ方

では、ここでは実際に日本でどんな楽しみ方ができるのかをご紹介します。主に子どもの遊びになります。

この「イースター」では、実に多くの卵が出てきます。例えば、エッグロール(卵転がし)などに使うイースターエッグですが、イエスキリストの復活に関連して「生命の始まり」を象徴しているそうですよ。

卵をカラフルに染める

まずは、ご家庭で卵をカラフルに絵の具などを使ってカラフルに塗ってみましょう。実に色とりどりの卵が完成するはずです。

割れにくくするために、まずはゆで卵にしておきます。たくさんの卵の準備ができたら、以下のような子どもの遊びをしましょう。

エッグハント(卵狩り)

イースターエッグと呼ばれるカラフルに染められたゆで卵を探すのがこの「エッグハント」です。

庭がある家庭は、庭にこのカラフルな卵を、例えば、お母さんが隠し、子どもたちが探す「エッグハント」をしてみましょう。盛り上がります。庭が無くても、家の中に隠して遊ぶ方法もあります。

エッグロール(卵転がし)

また、その殻を割らないようにして転がすのが「エッグロール」と呼ばれる遊びです。

すでにゆで卵になっているので、殻は割れにくいのですが、色んな方向に転がるカラフルな卵を見るのはとても楽しいことです。ぜひ試してみて下さいね!

楽しく遊んだ後は、家族でパーティー

みんなで楽しく遊んだ後は、みんなで楽しくお祝いのパーティーをしましょう。ごちそうを用意して下さいね!

おわりに

今年は、4月24日がその「イースター」になっています。キリスト教ではない方も、異文化体験の意味で、子どもたちと一緒にこの「イースター」を楽しみたいですね。

Photo by 足成

お勧め記事

[nanapi:19239]
[nanapi:20140]
[nanapi:20797]
[nanapi:20795]
[nanapi:21132]

この記事で使われている画像一覧

  • 20110220111946

本記事は、2011年02月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る