生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 職場でイラっとくる相手への対処法3選

職場でイラっとくる相手への対処法3選

2011年02月19日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

組織で仕事をしていると、どうしてもウマの合わない人が出てきます。それでも仕事上の付き合いだから無視するわけにもいきませんよね。

そこで、当記事では職場でイラっとくる相手への対処法について解説します。

その1:ポイント帳をつける

嫌なことは忘れたほうがいい…とよく言われますが、本当でしょうか?むしろ「嫌」という感情を無理におさえつけるほうが、ストレスが貯まるような気がしてなりません。

「嫌」という感情はですね。どこかで発散する必要があるんです。でも、相手に対して直接発散するわけにはいきませよね。

そこでお勧めなのは、「イララ(「イライラ」の誤植ではありません。念のため)ポイント帳」を作ることです。

相手から受けた不快度数に応じて、こっそり手帳にでも「イララポイント」を加算していく。例えば、無神経なセクハラ発言に「100イララ」。

で、ポイントが一定まで貯まったら、好きなスイーツを買ったり、映画を見に行ったり、「自分へのごほうび」をあげるんです。

ちなみに、なぜ「イライラ」ではなく「イララ」なのかというと、「イライラポイント」だと、本当にむかむかするからです。「イララ」だと、嫌なことでも軽~く受け流せそうな気がしませんか?

その2:変なあだ名をつける

これは、和田裕美さんの著書『人づきあいのレッスン―自分と相手を受け入れる方法』の受け売りなのですが、苦手な人には「変なあだ名」をつけるといいです。

「変なあだ名」といっても、徒に相手を貶めるような類ではなく、ちょっとクスリとするようなユニークなものを。ちなみに、和田さんのお勧めは、語尾に「どん」を付けるというものです。

「また鈴木(仮名)課長のネチネチ攻撃が始まった」と思うより、「また鈴木どんのネチネチ攻撃が始まった」と思ったほうが、心が楽になる気がしますね。なるほど…と思ったのでご紹介させていただきました。

人づきあいのレッスン―自分と相手を受け入れる方法

その3:バカボンのパパになってもらう

世の中にはアクが強すぎて、変なあだ名をつけただけでは、マイルドにならない人もいるでしょう。

その場合の、最終手段。イラっとする相手に「バカボンのパパ」になってもらいましょう。ちなみに、相手の性別は問いません。女性でもパパになってもらう。

相手にイラっときた瞬間、頭のなかで相手の鼻の下にバカボンのパパのひげ(あれは鼻毛ではありません)を書きます。

それでも足りなかったら、ハチマキに腹巻。これで和みましたね?うん、これでいいのだ。

おわりに

いかがでしょう。職場でイラっとくる相手への対処法についてご理解いただけたでしょうか。

当記事が、あなたの職場での人間関係のヒントになれば幸いです。

(photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20110217223757

本記事は、2011年02月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る