生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. わがままな猫と一緒に暮らす方法

わがままな猫と一緒に暮らす方法

2011年02月19日作成

 views

「猫にしつけはできない」と言われている、これは完全な思い違いです。見かけによらず、猫は飼い主の言うことには注意深く耳を傾けているものです。猫は飼い主の言葉を細大漏らさずに聞き、言葉の意味を理解しようとします。

しかし、猫の心理を理解していない飼い主は口やかましく命令するしかありません。猫は言葉をある音声と認識し行動をとると言われています。なので猫のしつけの際にあれこれ言うのは猫にとって雑音としか認識されません。

そこで、初めて猫を飼う方や飼ってるけどなかなか言うことを聞かないと言う方へ上手な猫の飼い方、接し方について書いていきます。

目次

猫は叱ってはいけない

猫を叱ったところであまり効果をなさないでしょう。なにも言わず少しほったらかしにした方がいいです。はじめに書いたとおり猫は音声を注意深く感じ取っています。これは言葉だけでなく周りの物音や音楽にも反応を示します。

猫を怒鳴りつけると言うのはかえって雑音として認識されてしまいがちなので、猫が何かしてもほったらかして少しの間相手をしないほうがいいでしょう。

猫は音にかなり敏感と言うことを踏まえて、猫を飼うのに適している環境というのはまず、出来るだけ静かな場所であることというのを頭にいれておくといいでしょう。

ご褒美作戦

要するに、猫が何をしても褒めてやったり好物を与えたりと言うことです。これによって猫は行動に自信をもちます。なにかいいつけを守ったりなどしたときはいつもよりたくさん褒めてやりましょう。

それと、猫にもコミュニケーションは必要です。「いい子だね」「よしよし」と言った言葉は猫とのコミュニケーションをとるのに大いに役に立つ言葉と言えます。

また、言葉をかけてやるだけでなく、頭をなでたり背中を掻いてやるのももっと効果的です。猫を喜ばせるために言葉だけでなく飼い主からも猫に対して何かしてやるということが大事です。

猫に覚えさせたいこと

猫の散歩

紐をつないで近所を散歩するというのはあまり見かけない光景ですが散歩は全然かまいません。

ただし注意点があります。どこをどんなふうに歩くかは猫に決定権があり飼い主はただひたすら猫のあとをついてゆくことです。ここが犬と猫の散歩の違いです。

お座り

猫にお座りを教えるには2通りのやり方があります。

  • 1つ目は立った姿勢から腰を下ろさせて座った姿勢に誘い込む方法。
  • 2つ目は寝そべった格好から体を持ち上げて座らせる方法。

立っている猫にお座りをさせたいときは、手を猫の背中に添え下に押さえつけて猫が座ろうとする瞬間をとらえると良いでしょう。

おわりに

まとめとして、猫には基本的にやさしく接することと猫を飼うには出来るだけ静かな環境を整えてやること、この2点を忘れずに行っていけば言うことを聞く猫になるはずですよ。

(photo by http://www.ashinari.com/2011/02/16-345432.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110218082752

本記事は、2011年02月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る