\ フォローしてね /

安いワインをおいしく飲む方法

はじめに

ふだん使いの安いワインが、おいし~く飲めたらうれしいですよね。ワインは飲み方で味に大きな差が出ます。安いワインでもおいし~くなっちゃう飲み方をご紹介します。

安いワインを家でおいしく飲むには?

ソムリエナイフを使おう

コルクを抜くとき失敗したことありませんか?ソムリエナイフを使えば、弱い力で、失敗してコルクが途中で切れることなく、簡単にコルクを抜くことができます。
【レビューで5%OFF】【送料無料】 正規品 『シャトー ラギオール スタミナウッドグリーン SS400GR』 ハンドメイド ソムリエナイフ/SCIP社 ワインオープナー/栓抜き/コルク抜き/抜く/ライヨール/ラギヨール/laguiole/高級/有料ラッピング 【楽ギフ_包装選択】

グラスにこだわる

ワインを飲むとき、どんなグラスを使っていますか?普通のコップを使っているなら、ぜひ、ワイングラスで飲んでみてください。ワイングラスを使っているという方も、一回り大きなワイングラスに変えてみてください。香りの広がり方に「!」となるはずです。

温度にこだわる

グラスを変えたのに、何も変わらない!と言う方、そのワインは冷えすぎていませんか?冷蔵庫でつめた~く冷えたワインは、閉じていて香りが立ちません。赤でも白でも冷やしすぎはNGです。冷たいワインの注ぎたては、グラスの表面が汗で曇ります。曇りが消える頃に飲んでみてください。香りが広がってくるはずです。

スワリングをやってみよう

映画やTVなどで、グラスをくるくる回しているのを見たことありませんか?あれがスワリングです。

グラスをテーブルの上においたまま、グラスの脚を人差し指と中指ではさみます。テーブルの上を手のひらで擦るように、水平に前後させると、こぼさずうまく回すことができます。

このスワリングは、開けたてのボトルでワインが閉じている場合などに、ワインを開かせるために数回行います。スワリングの前後で香りを比べてみてください。ワインの顔がだいぶ違って見えると思います。

品種を知る

前に飲んだワインがおいしかったけれど、何ていうのか全然わからない!ということ、よくありませんか?

ワインの味の違いは、ブドウの品種によるものが多いです。もちろん、作り手や、産地、国によっても味は変わります。でも、やはり、品種が一番わかりやすく、自分の好みを探す手がかりにもなります。

おいしい!と感じたら産地<例:ボルドー>と品種<例:メルロー>をチェックしておきましょう。次回からのワイン選びの手がかりになるはずです。

ワインセイバーを使おう

フルボトル1本でグラス6杯分です。残ったら、ワインセイバーで中の空気を抜いて、酸化を防ぎましょう。明日もおいしく飲めますよ。
エピパック ワインセーバー115-EP10517

おわりに

ワインの最大の楽しみのひとつは、自分の好みの1本に出会うこと。それがデイリーワインであろうと、高級ワインであろうと。いろいろトライして、お気に入りの1本を見つけてください。

(photo:by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。