\ フォローしてね /

値札シールを簡単に剥がす方法

古本屋さん等へ行くと、本に値札が付いている事があります。
また、お洒落なボトルに入ったワインなのに、でかでかと値札が貼ってある…。

剥がそうとすると、表面だけが破れてシール後が残ってします…。

こんな経験のある方、非常に多いのではないでしょうか?

今回は、材料が100円ショップやコンビニで手に入り、非常に簡単な方法で綺麗にシールを剥がす方法を、皆さんにご紹介致します。

準備するもの

まずは準備する物です。

ジッポーオイル【100円ショップのオイルライター用オイルでも可】

ティッシュ数枚

たったこれだけ。
上記の2つの物だけを用意して下さい。

では次にやり方を解説していきたいと思います。

やりかた

やり方もとても簡単です!

STEP1

シールのラベルに、おもむろにオイルライター用のオイルを垂らして、染み込ませて下さい。

STEP2

30秒ほど放置しましょう。

STEP3

すると、オイルがシール部分を溶かして、とても綺麗に、さらに簡単にシールを剥がす事が出来ます。

値が張るシール剥がし等、購入しなくてもシールは簡単に剥がす事が出来るのです。

紙表紙の場合は?

本の場合、ソフトビニールカバーならば、オイルをそのまま全体に伸ばして、本の表紙を綺麗にする事も出来ます。

しかし、紙表紙の場合は、出来るだけ擦らない方が良いかと思います。
なぜかというと、印刷されているバーコードや文字が溶けて、滲んでしまう可能性があるからです。滲んだ状態でこすると、黒いインクが広がってしまいます。

紙表紙の場合は、しっかりオイルが乾燥してから、シールを剥がす様にしましょう。

さいごに

オイルライター用のオイルは揮発性ですので、手がべたべたになる等といった事もありません。

しかし、あくまでオイルライター用のオイルを使用するので、火にだけは気を付ける様にしましょう。

ぜひ一度、お試し下さし♪

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。