生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 日本でも出来るイースターの楽しみ方

日本でも出来るイースターの楽しみ方

2011年02月18日作成

 views

子どものとき、キリスト教系の幼稚園に通っていました。毎年、イースターのときは、幼稚園で小さいイベントを行っていました。子どもながら、それはとても楽しかったです。

イースターはクリスマスのように、最近はキリスト教以外の人も徐々に参加しているようです。今回は日本でもできるイースターの楽しみ方を紹介します。

目次

イースターとは

イースターとは、イエス・キリストが十字架にかけられて死んでから、3日目に復活したことを記念する「復活祭」のことです。

復活祭は、通常、毎年変わり、春分の日の後の最初の満月の次の日曜日です。ちょっと分かりづらいですが、今年(2011年)のイースターは4月24日です。

イースターには何をするか

イースターには、クリスマスと同じように、ご馳走を食べます。それから、生命や復活を象徴するものとして、卵を使った、イースターエッグを作ります。上にある写真のようなものです。

イースターエッグの作り方

卵にマジックや絵の具などで絵を描いていきます。本格的にやる場合は、卵の殻の上部と下部に針などで小さい穴を開けて、中身を取り出していきますが、とても壊れやすいですので、他の方法がオススメです。

ゆで卵を作るか、発泡スチロールの卵状のものを準備します。

これなら割れる心配も少なく、きれいに描けます。できれば、本物の卵のほうが気分が盛り上がります。

それに、マジックやクレヨンなどで、絵を描いたら完成です。

もっと本格的にやりたい人は、

卵にクレヨンで絵を描き、お湯に食紅とを混ぜたものに入れます。

それから、全体に色がつくように卵を転がします。

卵を取り出して、乾かしたら、出来上がりです。

(商品コード:houjou-kyouzai:10002415の楽天商品は販売終了しました。)
(商品コード:auc-mky:10001449の楽天商品は販売終了しました。)

おわりに

いかがでしょうか。イースターエッグを作るだけでも工作っぽくて、子ども達はうれしいと思います。ぜひチャレンジしてみてください。

Photo イースターエッグWikipedia イースターエッグ
イラスト 著者

この記事で使われている画像一覧

  • 20110217225046
  • 20110217230542

本記事は、2011年02月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る