生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 料理に合ったワインを選ぶためのコツ

料理に合ったワインを選ぶためのコツ

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

料理に合うワインを一緒にいただくと、料理の美味しさがますます引き立ちます。そのためには上手にワインを選ばなければなりません。そこでこの記事では、料理に合ったワインを選ぶためのコツをまとめてみました。

料理に合うワインを選ぶコツ

基本的なルール

まず覚えておきたい基本的なルールは「肉料理には赤ワイン・魚料理には白ワイン」ということです。これを守ればほとんどの場合失敗はありません。

肉料理は味付けが濃かったり肉そのものにコクがある場合が多いので、同じくコクがあって味わい深い赤ワインがおすすめです。

魚料理は淡白でシンプルな味付けが多いかもしれません。そこでさっぱりとした味わいの白ワインを合わせると美味しく食べることができるでしょう。

料理のソースに合わせて選ぶ

一歩進んだ応用編もご紹介します。肉料理でも鶏肉や豚のヒレ肉など淡白であっさりした部位の肉が使われているものや、ソースが白ワインをベースに作られているものには白ワインを合わせるとよいでしょう。

また、魚料理でもまぐろやかつおなどの魚は味や食感が肉に近くなっています。更にソースが赤ワインベースだったり、仕上げにバルサミコ酢が使われている場合は赤ワインを合わせることができます。

レストランのアドバイスを参考にする

レストランなどで外食する時にもワインを楽しむチャンスが多くあるでしょう。その際にサービスのスタッフやシェフなどに自分の選んだ料理に合うワインを聞くことをおすすめします。

一言で赤ワイン・白ワインといっても辛口や甘口、ライトボディやフルボディなど違いがあります。スタッフのアドバイスを覚えておき、自宅で料理に合わせる時の参考にしてみましょう。

レストランによってはソムリエが常駐している場合もありますし、そうでなくてもシェフやワインに詳しいスタッフがいることが多いので、アドバイスをもらうことができます。

おわりに

最近は安価で質の良いワインが簡単に手に入ります。それでいろいろなワインを飲み比べてみるうちに自分の好みが分かってくるものです。それに合ったワインを選べばほとんどの料理を美味しくいただくことができるでしょう。

(Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20110217133337

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る