生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4. シンプルに仕事をこなす方法

シンプルに仕事をこなす方法

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

最初に

社会人の皆さん。

毎日、たくさんの仕事を抱えて、上に掲載した画像の様に、デスクの上はぐちゃぐちゃ、頭の中も仕事の事で一杯で、何から手を付けて良いのかわからない。

そんな方も、多いのでは無いでしょうか?

特に細かい仕事の中にある、大きな仕事。

一体、何から手を付けて良いのかわからない。

そんな悩みを抱えている方も、きっと多いかと思います。

今回はそんな方のために役に立つ、シンプルに仕事をこなすライフレシピを、ご紹介致します。

大きな仕事はまず細分化。

どんな大きな仕事でも、内容を細かく考えてみると、小さな仕事の積み重ねで、大きな仕事になっているはずです。

ここでは、自社の商品を今月中に3本、新規契約を取って来いと上司に言われた場合を想定して、仕事の細分化をしてみたいと思います。

通常は足を使って、たくさんのクライアントにダメ元で申し込み、ひたすら数をこなすのが定石です。

しかし、仕事を細分化して、シンプルに仕事をこなせば、あまり悩む事無く、大きな仕事をこなす事が可能になります。

キーワードは、【シンプル・細分化】です。

細分化の一例

では、早速新規契約を3件取るという大きな仕事の細分化を、早速行ってみたいと思います。

細分化1項目目

まず、自社の商品・サービスを徹底的に勉強します。

どの様な質問にも答えられる様に、細かい点までチェックして、わからない点があれば上司に聞いたり、同僚の力を借りて、とにかく自社のサービスに関する全ての事を勉強します。

細分化2項目目

次は、十分に勉強をした結果に基づいて、どんなお客様が自社の商品・サービスを欲しがっているのか、自分で「考える」を事を行いましょう。

すると、細分化1項目目でしっかりと勉強をしたはずなので、どんな悩みを抱えているクライアントに対して、自社のサービス・商品が役に立つのか、自然と浮かんでくるはずです。

しっかりと「考える」事も、仕事の一つなのです。

細分化3項目目

さて、次は前回考えた結果を元に、「調査」を行います。

自社の顧客に悩みを抱えているクライアントはいないか、また、自社のサービス・商品を活用して、メリットのあるクライアントはいないか、近い所から調べ始めます。

同僚や、上司に聞くのも良いでしょうし、自分で思い当たるクライアントがいたら、直接アプローチをかけるのも良いでしょう。

細分化4項目目

さて、結果、幾つかのクライアントが候補に挙がったかと思います。

ここで、やっと「営業」の仕事を開始するのです。

最後に

どんな大きな仕事でも、細分化して、さらに細分化したそれぞれの小さな仕事に全力を注げば、結果大きな仕事、複雑な仕事でも、成功させる確率を大きく上げ、さらには効率的に仕事をこなしていく事が出来ます。

この細分化を使えば、仕事上のストレスを減らす事にも繋がる上、時間的にも無駄な浪費が必ず減るはずです。

このライフレシピで大切な事は、細分化したを仕事を、精一杯頑張る事です。どれか一つでも手を抜いてしまうと、せっかくの努力も水の泡。一つ一つの小さな仕事に、一生懸命になって下さい。

いつも、細々とした仕事に追われており、いざ大きな仕事を任されるとなかなかどこから手を出して良いのかわからない。

そんな方は、ぜひ【仕事の細分化】を行って、効率的かつシンプルに仕事に取り組んでみて下さい。

最後には、きっと大きな光があなたを待ち受けていますよ♪

関連記事

メモ帳を使って、仕事をスマートにこなす方法

この記事で使われている画像一覧

  • 20100511015821
  • 20100511020819
  • 20100511022525

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る