生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. みなとみらいの遊園地・よこはまコスモワールドを楽しむ方法

みなとみらいの遊園地・よこはまコスモワールドを楽しむ方法

2011年02月17日作成

 views

電車で横浜方面に来られる方は誰でも、大きな時計のような観覧車を目にされる事と思います。その観覧車の下に広がる遊園地、それが「みなとみらい」の遊園地「よこはまコスモワールド」なのです。

目次

よこはまコスモワールドの3つのゾーン

「よこはまコスモワールド」は、入場料は無料です。アトラクションを利用する時は、その度にチケットを購入するシステムになっています。

ワンダーアミューズ・ゾーン

絶叫マシーンなど比較的大人や年齢層が高い方向けのアトラクションが設置されているゾーンです。

大観覧車「コスモクロック21」

今や横浜のシンボルである世界最大の時計型大観覧車です。所要時間は15分。頂点から見る横浜の風景を充分に堪能できます。(700円)

ダイビングコースター「バニッシュ!」

世界初の水中突入型ジェットコースターです。(700円)

急流すべり「クリフ・ドロップ」

丸太の急流滑りをイメージしたアトラクションです。(600円)

スピニングコースター

急回転のスリリングなコースターです。(500円)

ロッキングタグ

パイレーツブランコ型のスリリングなアトラクションです。(300円)

「新・幽霊堂」~恐怖の旅~

恐怖度を選べるお化け屋敷です。(500円)

シューティングライド「エキドナの洞窟」

レーザー銃を撃って特典を得る体感型アトラクションです。(500円)

「ミラーアドベンチャー」~巨大万華鏡の世界~

幻想的な巨大万華鏡の空間が美しい迷路です。(500円)

リアルホラーゲーム 「ザ・ジャッジ」 ~呪いの懐中電灯~

ホラーゲームを体感できるアトラクションです。(600円)

その他に子供も楽しめるゲームセンターやプリクラなどのアミューズメントスペースがあります。

ブラーノストリート・ゾーン

体感型のアトラクションが多数設置されているゾーンです。

カード迷路「ぐるり森大冒険」本物はど~れだ!?の巻

オールクリアするとカードをゲットできる迷路です。(500円)

「恐怖の館」 Dr.エドガーの呪いのコレクション

ホラーハウス型迷路です。(500円)

ビックリ・不思議館「コスモパニック」

異次元宇宙空間を想定した迷路です。(400円)

アイスワールド

光と氷が作り出すファンタジックなアイスワールドです。マイナス30℃の世界を体感できます。冬は厚着してどうぞ。(500円)

スーパープラネット

宇宙ロケットのGを体験できるアトラクションです。(500円)

ギャラクシー

見た目よりも激しいです。回転の速いアトラクション。(400円)

ファミリー・バナナ・コースター

3歳以上から乗る事が出来る可愛いコースターです。(300円)

ディスク・オー

立ち乗り回転型アトラクションです。(500円)

その他に縁日気分が楽しめる「カーニバルストリート」などがあります。

キッズカーニバル・ゾーン

小さなお子様も乗ることが出来るキッズ向けアトラクションが設置されているゾーンです。

サイクルモノレール

自分でこぎながら空中散歩できるアトラクションです。(300円)

メリーゴーランド

イルミネーションが美しいメリーゴーランドです。(300円)

ノースポール

付き添いがあれば2歳から乗ることが出来る急流滑りです。(300円)

ツェッペリン

飛行船型のゴンドラです。(300円)

その他に小銭を投入して乗ることが出来る小さなお子様用の乗り物もあります。

よこはまコスモワールドをお得に楽しむ方法

アトラクション1つ1つにお金を払っていると結構な額になってきます。回数券をご利用になれば、2800円で3500円分のアトラクションを利用する事が出来ます。

また、HPにはHP特典として割引券が付いています。(これは、かなりお得な券なのです。2300円分が1800円になるんですよ!)プリントアウトをお忘れなく。

アクセス

  • 住所:横浜市中区新港2-8-1
  • 電話:045-641-6591
  • 交通:みなとみらい線「みなとみらい」駅より徒歩2分
  • 定休日:木曜不定休
  • 営業:11:00~21:00(土日・祝~22:00・季節によって変動します)
  • 駐車場:特にありません。周辺の有料駐車場をご利用下さい。

おわりに

たまに「このアトラクションだけ休み」という事もあります。入場料は一切無料なので、そういう場合は次回にまたチャレンジして下さい。

遅くまで居られる方は、ぜひ夜景を楽しんでお帰り下さいね。

(Top Photo by 足成)(Picture by KUKO)

本記事は、2011年02月17日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る