\ フォローしてね /

新卒向け「志望動機の作り方」

このライフレシピのもくじたたむ

就活の際、エントリーシートに書く志望動機に困っている方は多いとおもいます。

本来ならば、志望動機が思いつかない会社を受けることはないはずなのですが、実際はそうではないことは就職活動を経験された方ならわかることでしょう。

今回は就活において、履歴書やエントリーシートに書く志望動機に特化してお話します。

読みやすく書く

これは志望動機に限ったことではないのですが、エントリーシートは読みやすさが命です。

印象を良くするということはもちろんですが、貴方の書いたエントリーシートを読む人は、老眼である場合も多いからです。

志望動機の場合は、箇条書きや、大事な部分(キーワードとなる部分)を太字にするということが挙げられます。

色を着けられるのならば、重要な部分にマーカー等で線を引いて目立たせるのもいいことです。

重要な部分とは、具体的にはその会社の出した商品名や、「○○の資格を活かしたい」と「○○」の部分などです。

つまり、人事の人がハッと目を引かれるキーワードを目立たせるということです。

書く内容は

それでは、具体的に何を書けばいいのかを紹介していきましょう。

筆者が実際に内定をもらった業界のみ、書かせていただきます。内定という結果が出ているので、よろしければ参考にしてください。

メーカー

基本的には、そのメーカーの出した商品名を入れて書きましょう。

  • 御社のヒット商品○○が好きで、○○にかかわる仕事を是非したいと思います。

  • もう廃盤になったのがとても残念なのですが、○年前、私は御社の○○をずっと愛用していました。

などです。技術系で受けられる方は、商品開発に関するアイディアを書き込めるといいでしょう。

私なら、○○の商品にこういう手を加えて、こんな商品にしたいですということが書ければ、それがたとえ実務上では的外れだったとしても、人事の印象に残ります。

また、「商品の不具合が出たときの対応がすばらしく、この会社で働いてみたいと思いました」というのも効果が期待できます。

不動産業界

あまりいないかもしれませんが、筆者が現在勤めている業界なので書かせていただきます。

デスクワークのイメージが強いかもしれませんが、歩行の体力に自身のある人が好まれます。

志望理由としては、

  • 人の一生に関わる大きな買い物に関わりたい

  • 宅建の資格(持っていれば)を活かしたい

ということが挙げられますが、実際に受かった人の志望動機の中には、「間取りを見ると、夢が広がるから」なんていうのもあります。

外食産業

まず、その会社が経営するレストランに最近行っていないな、と思ったら、エントリーシートを書く前に絶対に行っておきましょう。

チェーン店の場合がほとんどだと思いますが、行ける範囲の店舗にはなるべく多く行ってください。

  • ○○店はいつも満員です。もし入社することができたら、混雑解消に努め、もっとたくさんの人に○○のお食事を味わってほしいと思います。

  • 原料○○ということにこだわっているところにとても共感しました。(国産野菜・低農薬・減農薬・地産池消など)

さいごに

就職活動における、履歴書での志望動機の作り方を紹介しました。

基本的には、相手の会社をほめることです。そして、同業他社に比べて、エントリーする会社がどう優れているかを少しだけでも書ければしめたものです。

意外と役立つものは、巨大掲示板やみんなの就職活動日記です。ブログに書かれた口コミや、掲示板に書かれた社会人の本音などが、あなたの志望動機にヒントを与えてくれるかもしれません。

(Photo by いしだひでヲ

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。