生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. かわいいメールでモテ女になるコツ

かわいいメールでモテ女になるコツ

2011年02月16日作成

 views

女子のメールにはかわいいメールとかわいくないメールがあります。それでは、どうしたらかわいいメールを書くことができるでしょうか。ちょっとしたことで、皆さんのメールをかわいいメールにすることができます。

今回は、かわいいメールでモテ女になるコツを紹介します。

目次

早めの返信を心がける

メールが来たら、早めの返信を心がけましょう。もらってすぐに返信をすれば、そのままメールが続く可能性も高くなります。メールが続けば、相手のことをもっといろいろと知ることが出来ます。

返信が遅れた場合は、理由を書いておくといいでしょう。「ごめん。友達とご飯を食べてて、メールに気づかなかった」「お風呂入ってて、返信遅れちゃった」そんな一言でも、相手をほっとさせたり、話題の一つになることもあります。

来たメールに速攻で返信できる場合は、「偶然!今私もメールを送ろうとしてたの」と返信しましょう。たまにしか使えないとは思いますが、同じことを考えてたと思うとちょっとドキドキさせられます。

メール交換の初期のメールは…

メールには絵文字を使ったほうがいいと思いますが、あまり多すぎるのは、チャラチャラしたイメージになってしまいます。初期のメールは、絵文字は使うようにしたほうがいいですが、数はある程度制限するようにしましょう。

TVでDAIGOが言っていて、話題になったのは、リンゴの絵文字を使うと、ぱっと見がハートに見えるので、一瞬ドキッとするという話です。初期のメールでハートをたくさん使うのもなんなので、リンゴの絵文字を使ってもいいでしょう。

またメール交換の初期のときは、できるだけきれいで正しい言葉を使うようにしましょう。最初のほうで、きちんとした女の子ということをアピールしましょう。そして、仲良くなってきたら、言葉を少しずつくずすようにします。

相手の都合を考えてメールを書く

メールを書くときには、相手の都合を考えるようにしましょう。相手が忙しい、疲れた、体調が悪いというときに、長々としたメールを送ったり、難しい漢字ばかりの文字メールが来たら、読む気がなくなってしまいます。

相手が都合が悪い、体調が悪いときは、相手への気遣いを示す短めのメールにするようにしましょう。

例えば、相手が忙しそうだったら、「忙しそうだから、また明日メールするね。あんまりムリしないでね」ぐらいで大丈夫です。

また、相手が風邪を引いていたり、具合が悪いときには、「ゆっくり寝て早くよくなってね。」と短めのメールにしましょう。自分のことはあまり書かずに相手への気遣いだけでまとめるとすぐに読めます。

それから、あんまり「頑張って」を連発するメールも気をつけましょう。みんなけっこう頑張っているものです。特に、仕事などで忙しい人を励ましたいときは、「ムリしない程度に頑張ってね」とするといいでしょう。

メールだけではないと思いますが

かわいいメールとはちょっと関係ないかもしれませんが、メール交換を続けたり、話す機会が増えてくると、共通の話題や趣味が見つかったり、相手の趣味に、興味が出てくると思います。そうしたら、相手を誘うチャンスです。

このときの誘い方にはテクニックがあります。これは、男女間だけでなく、会社の営業のアポイントなども一緒です。

「来週の○曜日か○○曜日に時間があるんだけど、一緒に××に行かない?」と誘いましょう。「時間があったら…」「今度…」などでは、なかなか話が進みません。具体的な日程を指定し、相手に選んでもらうのが一番です。

私は以前、営業の仕事をしていたんですが、「来週は何曜日がいいですか?」と相手に聞くより、具体的に曜日を指定して選んでもらったほうが、話が早く、アポイントも取りやすくなります。

個人的にかわいいと思うメールは

個人的な意見ですが、きれいな花などの写真を撮って、「すごくきれいだから、○○くんにも見せたくて」と一言添えられると、すごくかわいい子だなと思います。

おわりに

いかがでしょうか。かわいいメールを書けるようになれば、モテ女になる日も遠くありません!

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110216012808

本記事は、2011年02月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る