生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 嫁姑問題で娘に親がしてあげれる事と、その方法

嫁姑問題で娘に親がしてあげれる事と、その方法

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

結婚をすると、嫁姑問題はついて回ります。これは、どんなに中の良い嫁と姑であっても、ちょっとしたことから、その関係が崩れる事があります。いったん崩れた関係は、なかなか戻せません。

表面上はつくろえても、本質的な部分は大きなしこりとなって残ります。そうなってしまった時、どのように周りがサポートをするべきなのか。どうしたらサポートできるのか。

いくら嫁に出したとはいえ、自分の娘である事には変わりがありません。そんな親の気持ちとして、どうしたら良いのか、どうサポートしたら良いのかを考えていきたいと思います。

娘の話を聞く

嫁に出した以上、娘はご主人の家の人間になったわけです。もちろん、自分の娘でなくなったわけではありませんが、生活のしかた、料理の味付け、慣習などは、ご主人の実家にならうことになります。

ですから正直なところ、実の母親、父親がとかくいう事はできません。もちろん、人としておかしいと思う事はあるでしょう。ですが、それもまた慣習であり、それに従う事も嫁ぎ先のならわしなのです。

ですから、両親としてできる事は、娘の愚痴を聞いてあげる事です。とにかく聞くことに徹しましょう。人は吐き出すと気持ちが楽になります。吐き出すところがあるという事だけでも、安心できるのです。

ですから、そういう安住の地を作ってあげる事が、娘さんへできる、最大のサポートにもなるのです。

姑さんとのトラブルは避ける

良く、娘が可愛いあまり、お姑さんへ文句や、愚痴を言いに行く親御さんがいますが、これは逆効果になります。嫁姑問題に発展する人の多くは、自己主張の強い人が多いのです。

ですから、周りがどうこういっていても、自分が正しいと思ったことは決して曲げないというタイプに多くみられます。そこへ、お嫁さんのご両親が乗り込んだとなっては、火に油を注ぐだけなのです。

ですから、ご両親はとにかく我慢をすることが大切です。また、特別な事が無い限り、接点を持たないというのも一つの方法です。孫のお祝い、冠婚葬祭など以外での接点を持たないのも、決して悪い事ではありません。

両家の両親が会う事が多いと、それだけで娘さんは新郎が絶えません。お姑さんに変なことをいうのではなく、自分の親に姑が文句を言うのではないかとハラハラ、ドキドキしてしまいます。

ですので、両家で合う事を避ける。これも娘さんへのサポートになるのです。

娘さんへは頻繁に連絡をしない

実は、これってとても大切なことなのです。人間は自分以外の人に、過剰に心配されると、逆にそれが苛立ちに変わります。それは、自分が見下されていると思ってしまうからなのです。

ですから、嫁姑問題で心配でしょうが、戦っている娘さんのために連絡をするのを我慢する必要があります。ですが、娘さんから連絡が来た時には、最初に書きましたが、話を聞いてあげてください。

おわりに

嫁姑問題へ、周りが見ていると、どうしてこんなことで?と思うような事が原因だったりすることがあります。ですが、当事者である本人は冷静さを失っているため、相手のあらさがしばかりしています。

いつか分かりあえる時が来るかもしれませんが、とにかくそれを待ち続けるしかありません。周りにできる事は、ただ見守る。それだけしかできないのです。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110215153025

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る