\ フォローしてね /

ペンギンに学ぶ、雪の上の歩き方

雪国で生まれ育った筆者が教える「雪の上の歩き方」。安全に歩くコツは、ペンギンのようにチョコチョコと歩幅を狭くして歩くこと、足の裏全体で地面を踏みしめること、体の重心を少し前に持ってくることなど。見た目はちょっとかっこ悪いかもしれませんが、安定感が出て、危険性は減ります。東京を含め、普段めったに雪が降らない地域では、雪が積もったり、道が凍結したとき、何の注意もせずにいつものように歩くと滑って転んだりして大変危険です。知っているときっと役に立ちますよ。
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapi

私は雪国生まれの雪国育ちです。学生時代には東京に住んでいましたが、その時に思ったのは「雪が多いところで育っている人は、自然に雪の上の歩き方が身についているな」ということです。

今回は、雪の上の歩き方を、ペンギンの歩き方を参考にしながら紹介していきます。ちょっとかっこ悪いかもしれませんが、転ぶ危険性が少なくなり、安定感も出てきます。

ペンギンの歩き方を参考に

スケートを習うときに、最初にペンギン歩きをするように習います。その後、力の入れ方で、滑れるようになりますが、ペンギン歩きの段階では、氷上を滑ることなく歩くことができます。

このペンギン歩きには、滑らないポイントがいくつか入っています。

足の裏全体で踏みしめる

足(靴)の裏全体で、地面を踏みしめながら歩くようにしましょう。

足を少しだけ上げ、地面に足を下ろすときは、足の裏の親指と人差し指の下の部分に力を入れつつ、全体にも力を入れます。

地面に足をつけるときも、地面から足を離すときも、地面と垂直に足を上げ下ろしするようにすると、一部分にバランスが偏ることがありません。

チョコチョコと歩幅を狭くして歩く

歩幅が大きいとバランスをくずしてしまうことも多いので注意してください。

歩幅を狭くして、あまり足を高く上げないようにするのがポイントです。

特に、雪が多く積もっているところや斜めになっているところは気をつけましょう。また、雪が解けていても、道が凍っているところがあるので、それも注意してください。特に、横断歩道の白い部分は凍って滑ることもあるので、踏まないでください。

体は少し前に

それほど前に重心を持って来る必要はありませんが、気持ち少し前に重心を持ってきて、自分の足元の少し前を見るようにしましょう。

荷物を手に持っていると、転んだときにすぐに対応できないので、リュックタイプのバックか、ショルダーバックにすると、両手があくのでいいです。

「ペンギン歩き」で安全に!

以上のことを気をつけると、かなり安定感が出てきます。ぜひ身につけてくださいね。

Twitterでも紹介!

(image by mimiwa)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。