生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. これから猫を飼う人に、猫エイズから守る方法

これから猫を飼う人に、猫エイズから守る方法

2011年02月15日作成

 views

はじめに

これから猫を飼いたいなぁって人にとって、心配なのは病気だと思います。可愛い猫ちゃんが病気になれば、飼い主にとってはどうしても治してあげたい気持ちが強いので、人間と同じように病院に通って早く治してあげたいと思いますよね。

しかし病院に通って治る病気でしたら良いのですが、猫エイズにかかってしまうと、発症までは時間かかりますが発症すると命の危険にさらされてしまいます。猫エイズは一番気をつけたい病気です。

猫エイズとは猫後天性免疫不全症候群といい、だんだん免疫力が低下していき、結果的には色々な病気を発症していく危険な病気です。

猫エイズから守るには

まず血液検査を受けます

獣医に行けば、猫エイズの検査が出来ますので、外猫との接触はなくても、先天性猫エイズにかかってる事も稀にある様ですので、必ず猫エイズ検査はしていた方が良いと思います。

子猫(生後1~2ヶ月)では正しい検査結果が出ないといわれてますので、生後3ヶ月位から検査をされると良いと思います。

不妊去勢を行います

大きな喧嘩や交尾をさせないようにする為に、不妊去勢をする事が大切です。特にオスは、攻撃性が高いので、外猫で猫エイズにかかっている猫からの感染が一番危険です。

外猫との接触を避ける

つまり、完全室内飼育をするという事です。外猫との接触で猫エイズにかかる確率が高いので、猫が外に出ていかない様に、完全に室内で飼うようにするとほぼ猫エイズにはかかりません。

外に出たくてたまらない猫ちゃんもいると思いますが、後々飼い猫ちゃんが命の危険にさらされてしまう方が辛いです。猫ちゃんのしたい様にさせたいと思っても、そこはぐっとこらえて、外に出さないようにしましょう。

おわりに

もし、猫エイズに感染したとしても、発症しないまま生涯を終える事もありますので、変わらず愛情を持って猫に接してくださいね。また、猫エイズは人間には感染する事はございません。

猫をこれから飼うという方はぜひ、この記事を参考にし、長く猫ちゃんと暮らせるようにしてくださいね。

photo by 著者

この記事で使われている画像一覧

  • 20110215153353

本記事は、2011年02月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る