生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 手がかからない観葉植物アロエとつきあう方法

手がかからない観葉植物アロエとつきあう方法

2013年03月08日更新

 views

お気に入り

はじめに

手がかからずに育てられる観葉植物ならアロエがオススメです。キダチアロエ、アロエベラともほとんど手はかかりません。キダチアロエはどんどん成長し、数年すると、次々に新しい芽が出てきます。

アロエベラはキダチアロエほど早く成長しませんが、日当たりと鉢に余裕があれば、やはり数年後に新しい芽が出てきます。

冬の寒さで茶色くなってきても、春には緑がもどります。

選び方

購入するなら、緑が強く、弾力があり、肉厚のものを選びましょう。

キダチアロエは増えすぎて困っている人もいるかも知れないので、知り合いで育てている人がいたら、聞いてみれば分けてもらえるかもしれません。

育て方(季節ごとの配慮)

日がよくあたるベランダや室内の窓辺に置きましょう。

夏は、夜になってもベランダなどアロエを置いている場所のコンクリートが熱いような場合は、植木鉢に栄養剤をさしてやります。

冬は、買ってきた年はできれば室内に入れるもしくは、屋外でも屋根があるようなところにおく。屋外で乾燥や寒さが厳しい場合は透明ゴミ袋で覆って寒さを和らげています。

冬の水遣りは水は1~2週間に1回程度にする。水をやりすぎると根腐れをおこして枯れてしまうことがあります。(購入した花屋さんにも水のやりすぎでアロエを枯らしてしまう人が多いため、くれぐれも冬場の水遣りは控えるに言われました。)

春になって新芽が出てきたら、植木鉢から、はずして新芽を新しい鉢に植え、親のアロエは機能していない古い根を取り除き、土を入れ替えて、元の鉢に植えなおす。新芽は当初は水をやらず、土が乾いたら水をやる。

使い方

やけどや、怪我に使う。

アロエを1枚切り取ってよく洗い、ギザギザの部分を取り去り、上下にわけるように切り、ゼラチン質の部分を肌にあたるようにして上から包帯や絆創膏でとめる。外出時は無理なら、夜だけでもアロエを当てておくと早く治る。

美肌効果、ダイエット

アロエの葉をきりよく洗い、ギザキザの部分を取り去り、薄くスライスし、冷凍庫で凍らせる。毎日少量を食べると、ダイエットや美肌効果があるようである。

表面の緑の部分は硬く、青臭いので気になる人は緑の部分をそいで、ゼラチン質の部分だけを凍らせた方がよいかもしれません。

おわりに

アロエは、冬に水をやりすぎて、根腐れさせてしまわなければ、日当たりのいい場所に置いておくだけで、時たま水をやれば、勝手に育ってくれます。

もしかすると手がかからずによく成長するキダチアロエは増えすぎて困ることになるかもしれません。「おわりに」の写真は1本のアロエの子供たちで、その子供たちの下には孫達がすでに育っています。

「はじめに」の写真のアロエベラと「おわりに」の写真のキダチアロエは同時期に購入したものですが、アロエベラの子どもはキダチアロエに比べると少数です。春になったら株分けし鉢植えしてあげましょう。

(photo by nenepi)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110215123732
  • 20110215123834
  • 20110215124242

本記事は、2013年03月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る