生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. メール下手を直そう!携帯メールの書き方

メール下手を直そう!携帯メールの書き方

2011年02月15日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

メールを書いてもなかなか返事が来ない、続かないという人はいませんか。また、メールが来たときにも、何を書いたらいいか分からずに、返信するタイミングを逃してしまったりする人はいませんか。

今回は、メール下手を直すための携帯メールの書き方を紹介します。

メールでかわいさに気づかせる

メール下手な人は、メールでの自分を表現することが苦手で、できるだけ要件だけを伝えて終わらせていることが多いと思います。

本当は、気遣いもできて、相手のことも考えられる人が多いですが、相手にどう思われるかが気になって、ついつい用件のみのドライなメールになってしまっていると思います。

効果的に絵文字を使う

年齢がちょっと上だから・・・、男だから・・・、そんな理由で絵文字を使わないでメールを送る人もいるとは思いますが、メールには絵文字を使ったほうがいいと思います。

絵文字は自分の気持ちを表現するだけではなく、絵文字があることで、字だけのメールに比べて、見た目から楽しそうにも見え、黒い背景に白い文字一色のメールより、メリハリがついて、読みやすくなります。

もちろん、絵文字の使いすぎはNGですが、ポイントを押さえて、最初は1回のメールに2~3ぐらいの割合で、混ぜていくようにしましょう。

用件に一言を加えるメールにする

一生懸命書いたであろう、長いメールに一言や一文で返してしまうことはありませんか。それではとてもぶっきらぼうなメールになり、あなたの気持ちが伝わります。

例えば、みんなと会う約束をして、「明日7時に新宿西口に集合」というメールが来たときに、ただ「了解」というだけの返信メールを送っていませんか。その返信すらない人もいないので、それに比べたらまだいいとは言えますが・・・。

用件に一言加えると、メールはよくなります。上の例でも、「了解。すごく楽しみにしています。」や「了解。早くみんなに会いたい!」と一言加えると、メールがほんわかとしてきます。

何かの報告をするメールでも、それに絡めて話を広げれば、話も広がり、つながります。

プラス思考のメールにする

メールの中には、あまり読みたくないメールもあります。どんなメールでしょうか。人の悪口や仕事の愚痴などが延々と書いてあるメールがその1つにあげられると思います。

心が折れそうなときに、ついつい送ってしまう人もいるかもしれませんが、これではメールを読む相手の気分まで悪くしてしまいます。できるだけ避けるようにしまして、読むほうも元気になるプラス思考のメールを書くようにしてください。

もし、どうしても書きたくなったときは、メールの最後に、プラス思考の言葉を書くようにしましょう。

読んでくれてありがとう。元気になった。
たくさん書いちゃったけど、私も反省することがあるかも。明日から頑張る!
などの言葉を付け足せばいいでしょう。

反対に、愚痴・悪口メールが来たときは、全部読んで共感したよ、という気持ちを表現するメールを送るようにしてください。

メールは相手の気持ちを思って書くもの

メールに、自分のことだけを書いてはいませんか。自分のことだけを長々と書いているメールも読んでいるほうは疲れてしまいます。

途中で相手の意見を聞いたり、質問をしたり、メールという一方的な表現の中に、会話を入れることによって、相手への気持ちが伝わると思います。

例えば、「今日は雪だよ。朝から寒いね。」というメールに付け足しをします。「今日は雪だよね。滑って転んだりしなかった?朝から寒いから、風邪を引かないように気をつけてね。」これで、だいぶ相手のことを考えたメールになります。

おわりに

いかがでしょうか。メール下手を直す第一歩について、少しずつ直せそうなポイントを紹介しました。今のメールの書き方から、ちょっとずつメール上手になるきっかけになると思います。試してみてくださいね。

Photo1 足成
Photo2 足成
 

この記事で使われている画像一覧

  • 20110215134312
  • 20110215134347

本記事は、2011年02月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る