生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. ヒップホップを習ってなくても簡単に踊れちゃう方法

ヒップホップを習ってなくても簡単に踊れちゃう方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

ヒップホップダンスって踊ってみたいけど、習わなくてもそれなりに踊れる方法ってないの?って人の為に、ヒップホップを習ってなくても、簡単に踊れる方法をご紹介します。

著者自身ヒップホップが趣味なので、ヒップホップのステップで超初心者にも簡単にマスターできるコツをわかりやすくご紹介します。実際にやってみてくださいね。

こんなに簡単にヒップホップが踊れちゃうコツ

ダウン

ヒップホップの基本ともいえる、ダウンとアップ、その中でもよく使われるのがダウンの動きです。まず、鏡を見て横向きに立ちましょう。

横向きに立った時の姿勢がポイントです。肩幅の広さに足を広げて若干背筋は反り気味に立ちお尻の位置を高くします。肩の力は抜きます。

その状態から、頭一つ分真下に下げ、膝を曲げます。その時みぞ落ち部分を後ろに引くようにし、頭一つ下げた分、肘が上がります。ポイントは肩の力を抜き、自然に肘が上がる感じにすることです。

これを繰り返し行ってみましょう。ツーステップをしながらダウンしたり、前や後ろに進みながらダウンをするだけでもカッコよく見えますよ。

ランニングマン

ランニングマンとは、走ってないのに、その場で走ってるように見せるステップの事です。

両腕を前に出した時に、片足(太もも)を持ち上げましょう。片足を下ろすと同時に反対の足を後ろへスライドし、両足同時に地面につけます。その時は両腕同時に後ろに引きます。この動作を片足交互に繰り返し行います。

ポイントは、元気よく太ももを持ち上げ、両足を地面につける時に大きく足を上下に開き上半身を低くする事です。(ダウンをします)

真正面を向いて、ランニングマンをした状態から、真横を向いてランニングマンしたり、手を両方同時に引くだけでなく、交互に引いたりするだけでも、違ったランニングマンになりますよ。

パドブレ

パドブレとは、後ろ足をクロスさせながらリズムをとるステップの事です。ワン・ツー・スリーと頭でリズムを数えながらテンポよく動きましょう。

ワンで後ろ足をクロスさせましょう。この時に軸になる片足の膝は曲げるようにすると、クロスさせやすいです。ツーで両足を揃えて横を向きます。スリーで反対の足を出します。この動作を向きを変えながら交互に行います。

おわりに

いかがでしたか。この3つの組み合わせだけでも、ヒップホップが簡単に踊れちゃいますよ。ぜひ、基本をマスターして音楽に合わせて踊ってみてくださいね。

(Photo by http://www.ashinari.com/2009/07/21-024584.php?category=275)
(イラスト by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110215134109
  • 20110215155850
  • 20110215161112
  • 20110215162611

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る