\ フォローしてね /

鮎の塩焼きの正しい食べ方

鮎の塩焼きは観光地や川沿いの料亭でも旬の料理として提供されますが、家でグリルや魚焼き器で焼いたりと短い期間しか味わえない川魚の代表ですね。サンマと同じ食べ方ができますが、小骨が喉に刺さってしまわないか心配です。そこで、鮎の塩焼きがもっと美味しく、楽になる食べ方をご紹介します。箸を使うだけで鮎の骨がするりと抜けるのです。鮎は内蔵も食べられるため、骨を抜くことで食べやすくなります。この機会に炭火焼きのあゆを試してみてください。
このライフレシピのもくじたたむ

料亭などで、鮎の塩焼きが出ることがあります。

サンマ(秋刀魚)を食べるように、上の身を食べてから骨を除いて下側を食べる方法もありますが、この方法を知っておくと骨がするりと抜けます!

小骨を取り除く手間もなく塩焼きを食べることができてとても快適。鮎の塩焼きを食べるときにはぜひお試しください。

やり方

STEP1

尾びれを手で持ち、外します。

STEP2

箸で身の部分を押さえてほぐします。骨がある部分の上をまんべんなく抑えましょう。

STEP3

十分にほぐれたら、頭の部分を持って軽くねじるようにして頭を胴と切り離します。

切り離すのは皮の部分だけ。頭と背骨はつながっているので、骨まで切らないようにしてくださいね。

そのままゆっくりと頭を引き出しましょう。途中で切れないように慎重に動かします。

STEP4

新鮮で焼きたての鮎の場合、するりと骨が抜けます。骨をとったら、身の部分を存分にお楽しみください!

冷めた鮎や育ちすぎた鮎、鮮度が落ちる鮎だと骨が取れにくくなります。その場合は秋刀魚のように、(1)上側の身を食べて(2)骨を取り除き(3)下側の身を食べましょう。

鮎は内臓も丸々食べられるので、食べ終わったお皿もこんなにきれいです。

この方法を知っていると、面白いほどキレイに鮎を食べることができます。食べ終わった後のお皿も見苦しくありません。

京都の納涼床や夏の日本料理に欠かせない鮎の塩焼き。見た目も美しく楽しんでみてくださいね。

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。