\ フォローしてね /

冬の結露、カビからおさらばする方法

はじめに

結露した窓を放置しておくと、水滴がおちてフローリングが傷んだり、ソファーの裏がカビたりしてしまいますね。今回は、冬の室内を快適に保つ方法をお教えします。

効果的な結露対策

しっかり換気をする

冬は寒いので換気を怠りがちです。でも、結露の原因となる水蒸気を室内に滞留させないために、換気をしましょう。

換気は雑菌を含んだほこりを外にだせるので、風邪防止にも効果があります。換気をする際、温度の低い日を選ぶと、より乾燥した空気を室内に取り入れることができます。

洗濯物は浴室で

洗濯物を室内で、干すことは加湿する意味ではよいのかも知れませんが、結露を誘発してしまいます。

他の部屋に湿気をもらさないように、洗濯物を浴室で干すとよいです。換気扇をつけっぱなしにして干しましょう。

つっかえ棒(つっぱり棒)などを上手に使うと浴室でも洗濯物を干すことができます。

石油を使う暖房をやめる

石油ファンヒーターやストーブは水蒸気を発生させます。有機物を燃焼させると水が発生すると、中学生の時習いましたね。

電気のヒーターやエアコンの暖房を使うと結露しにくいです。

しかし、気になるのは電気代です。そこで扇風機やサーキューレーターと呼ばれる小型の扇風機を使って室内の空気を回せば、低い温度設定で十分部屋が暖まります。

上にたまった暖かい空気をこのようにかき混ぜることで効率よく部屋を暖かくでき、その結果電気代を節約できます。何より灯油を買う面倒が省けます。

これからお家を建てる方へ

結露しない窓をつけたいと思われる方が大勢いらっしゃいます。窓に結露せず、「ばんざ~い!」と石油製品を燃やしまくったとして、水蒸気はどこにいくのでしょうか?

高気密高断熱は裏を返せば湿気も外に逃げられないということです。恐ろしいことに窓に水滴がでなくなったかわりに、著者達に見えないところに水蒸気が逃げてしまうのです。壁の裏とか床下とか。

ですから安易に結露しない製品を購入することよりも、水蒸気を発生させないことを頭の片隅に置いて頂いて、お家を長持ちさせてくださいね。

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。