生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. 中華街を「ご予算ゼロ」お金をかけずに楽しむ方法

中華街を「ご予算ゼロ」お金をかけずに楽しむ方法

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

横浜中華街は「食べる」だけではなく、「見て楽しむ」場所も多い所です。特に食事の必要が無い時間帯に中華街を訪れた時も、ぜひゆっくりと歩いてみてください。

ここでは「ご予算ゼロ」で楽しめる中華街のおすすめの場所をご紹介いたします。

観光を楽しむ

中華街は、「中華街その物」がすでに観光地。中華街のあちこちにあるあの派手な門。あれにも意味があることをご存知でしたか?

この門(「牌楼(パイロウ)」と言います)は中華街に10基あります。中でも目立つのは、「朝陽門(チョウヨウモン)・朱雀門(スザクモン)・延平門(エンペイモン)・玄武門(ゲンブモン)」の4基。

この4基は中華街の東南西北に風水に基づいて配置されているのです。それぞれに繁栄・厄払い・平安などの意味があるのです。門を見るだけでも、すでに観光と言うわけです。

関帝廟

「関帝廟」は、あの「三国志」で活躍する関羽(関聖帝君)を祀った「ほこら」です。

関羽は三国志の中でも信義や義侠心に厚く、誰にも屈しない武力の持ち主として有名な武将です。その功績を讃えたこの廟は、勝負に勝つという意味で「入試合格、学問」の神様としての御利益を掲げているようです。

中国文化らしい色合いの華やかな廟です。500円の入場料金が掛かりますので、予算ゼロで行きたい場合は門外から見るだけにしましょう。

アクセス

  • 住所:横浜市中区山下町140
  • JR京浜東北根岸線「石川町」下車6分または、みなとみらい線「元町中華街」駅下車5分
  • 公式サイト:http://www.yokohama-kanteibyo.com/

横濱媽祖廟

中国で海の神様とされる媽祖(マソ)を祀った廟です。横浜は港の町という事もあり、航海の安全を祀る場所としてはピッタリですね。2006年に落慶された新しい廟です。

これぞ中国装飾の極みとも思える絢爛豪華な門を見るだけでも目の保養です。神殿内に入るためには500円必要ですが、そこ以外は無料で見学できます。

アクセス

雑貨を見て楽しむ

中華街にはエスニック雑貨店がいっぱい。予算をいっぱい持って買い物するのも良いかも知れませんが、見るだけでも本当に楽しいのです。

チャイハネ

エスニック雑貨の老舗店でチェーン店として全国各地に展開されていますが、この中華街・南門シルクロードにあるのが1号店です。チェーン店は中華街だけでも10店舗あります。

アジアン雑貨から南米、インドの雑貨まで数多くの小物が揃っていて、見ているだけでも楽しいのです。

シンプルな天然石のピアスやブレスレット、シルクのスカーフやエスニックな織物など、お値段もあまりにお手頃なので何も買わないつもりで行ってもついつい手が出ちゃうかも。

アクセス

横浜大世界

まるで中国の大豪邸のような門をくぐると、1館まるごと異国のお祭りのような世界です。

1、2階は雑貨店、3階はフードコート、そして5階から8階までは「トリックアートミュージアム」が入っています。

この「トリックアートミュージアム」が、面白い。額から出てきたように見える絵や奥に入り込んだように見える絵など、2次元なのに3次元のように見える「だまし絵」ミュージアムなのです。

「トリックアートミュージアム」は大人800円の入場料が掛かってしまうのですが、雑貨店を見るだけなら無料です。歩くだけでも充分に異国を楽しめる建物です。

アクセス

  • 住所:横浜市中区山下町97
  • みなとみらい線「元町中華街」駅下車3分
  • 公式サイト:http://www.daska.jp/

おわりに

予算ゼロで中華街に行ったら、店からの料理の匂いでクラクラするかも知れませんよね。そんな貴女は、街のあちこちで配っている「甘栗」の試食を貰いましょう。

特に貰いに行かなくても、歩いているとどんどんくれるので心を痛める必要はありません。

雰囲気だけでも楽しめる中華街。この機会に下見をしっかりして、次は狙ったお店で食事も楽しむと良いですね。

(Photo by 街画ガイド)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110215141249
  • 20110215141044
  • 20110215141141

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る