生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 音痴な人でもカラオケを楽しむ方法

音痴な人でもカラオケを楽しむ方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

上手く歌が歌えない人にとってカラオケは苦痛そのもの。でも、友達や同僚に誘われたら、断りきれないのも事実。

でも、付き合いだから仕方ないとは考えず、どうせだったら自分も楽しみたいですよね。そんな方にカラオケを楽しむ方法をご紹介します。

カラオケの楽しみ方

STEP1 盛り上げ役に徹する

誰かが歌っている間、他の人は自分の歌を選ぶのに集中して、聞いてないことがありますよね。それって、歌っている人からしたら淋しいものです。

今のカラオケはタンバリンなどのちょっとした楽器が置いてありますよね。他の人が歌っている間、タンバリンでリズムを取ってあげることで、歌っている人は気分が良くなります。

あえて自分は歌わないで、盛り上げ役に徹することで、他の人に楽しんでもらいましょう。

STEP2 音痴な歌手が歌っている曲を歌う

古いところで言えば、浅田美代子でしょうか。「音痴なのになんで売れているんだろう?」という曲はいくらでもあります。

そのような曲を選べば、「あ、モノマネか」と周りの人は思ってくれるでしょう。

STEP3 激しいロックを歌う

激しいロックは音程が外れていてもカッコいい。とにかく声を張り上げて、叫ぶように歌うのが彼らのロック魂だからです。

カラオケでもこのような曲を選ぶことで、周りの人はあなたの「魂の叫び」を感じてくれるでしょう。

STEP4 曲の合間にうんちくを語る

たとえばperfumeの曲を誰かが歌った後に、「私、ナカタヤスタカ好きなんだよね~。Capsuleの曲もすごい好きなの」と、曲にまつわる知識を語ってみましょう。

ただし、うんちくを垂れるだけでは周りは満足しません。うんちくを語った後に「あの人の曲も聞いてみたいな。~ちゃん、歌ってくれない?」と振ってみましょう。あなたは歌わずして、好きな曲を楽しむことができます。

おわりに

「音痴で歌うのが恥ずかしい」と思っている方のために書いてみましたが、実はまわりはそれほど「音痴」について気にしているわけではないという事実がある、ということを付け加えたいと思います。

カラオケは発表会ではなく、社交の場なので、上手い下手はそれほど関係ないのです。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110211133400

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る