生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. コインが燃えて消える手品のやり方

コインが燃えて消える手品のやり方

2011年02月14日作成

 views

Photo by

目の前の封筒の中にあるはずのコインが燃えてなくなったらびっくりしますね。コインは燃えないもの・・・そんな固定観念を逆手に取った手品です。

目次

用意するもの

  • 切り込みを入れた封筒

Photo by 著者
- コイン(硬貨でもOK)
- 灰皿
- ライターまたはチャッカマンなど

手順:1

Photo by 著者
コインのすり替えを疑われないように、相手の目の前でコインに文字や印を書いてみせます。(ひらがなでもカタカナでもアルファベットでもOK)

手順:2

印を付けたコインを相手に「このコインをよくおぼえておいて下さいね」と言ってよく見せます。

手順:3

Photo by 著者
封筒を穴のあいていない方に傾けてコインを封筒の中に入れます。

手順:4

コインを確かめるフリをして、封筒の下に開けた切れ目から手の中に落とし、左手でポケットの中のライターを取り出す時にコインをポケットの中にしまいます。

手順:5

コインなくなった封筒をいかにもコインがあるように持って、灰皿の上で火をつけ燃やしてしまいます。

手順:6

灰皿の中で封筒が完全に燃えつきたらポケットの中からコインを取り出し、相手に印を確認してもらいましょう。

注意

火を使いますので、燃やしている時も他のものに燃え移らないよう気をつけ、燃やし終えた後も火の始末もきちんとしましょう。※子供同士ではやってはいけません。

練習のコツ

コインがスムーズに封筒の切れ目から手の中に落としこめるようにすることと、コインをポケットに入れるタイミングと同時にライターをスムーズに取り出せるように練習しましょう。

ひとつひとつの動作が一連の流れのように見せることがポイントです。

おわりに

火を使う手品ですので、一瞬、目を惹きつけることができます。準備段階のポイントは封筒の切れ目をきれいに作ることです。

いかにも穴があいているような封筒では手品になりません。下準備も手品を成功させるポイントです。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110214164510 thumbnail
  • 20110214164209 thumbnail
  • 20110214164237 thumbnail
  • 20110214164315 thumbnail

本記事は、2011年02月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る