\ フォローしてね /

栄養たっぷりの牡蠣を最後まで食べきる方法

Photo by oyster
牡蠣のおいしい季節に知人から殻付きの牡蠣をたくさん頂いたり、スーパーの売り出しなどでたくさん購入したるする時があります。

その日のうちに全部食べれれば一番いいんですが、どうしても食べれない時は上手に保存して最後まできっちり食べるようにしましょう。

殻付き牡蠣を最後まで食べきる方法

殻から身を出さない

どうしても殻を開けて身を保存したいと思いがちですが、牡蠣は乾燥によって痛みやすいので、料理する分だけ殻から出します。
そして残りの保存する牡蠣は殻付きのまま密封容器か密封できるビニール袋に入れ冷蔵庫で保存して早目に食べるようにします。

また冷凍で保存する際も殻付きのままで保存します。但しまとめて冷凍保存するとくっついて取り出しにくくなってしまうので、
1個1個別々に袋に入れ保存しておいた方が使いやすいものです。

剥き身の牡蠣を最後まで食べきる方法

袋内の水分は捨てない

料理する分だけ袋から牡蠣を取り出したら、残りの牡蠣は袋の中の水分にそのままつけて冷蔵庫で保存し、早目に食べるようにしましょう。保存する牡蠣は空気に触れさせないことが大切です。

また、冷凍で保存する際は袋のまま冷凍しておいて、シチューなどのように煮込む時はいいんですが、フライにしようと思うと冷凍のままでは作りにくいものです。

ですから、冷凍にする際、小麦粉+卵+パン粉の衣を付けた状態で冷凍室で保存しておけば、いつでも揚げるだけで牡蠣を食べることが出来て便利です。

フライの下準備をした牡蠣は、スーパーの発泡スチロールなどのトレーに入れて保存パックに入れて保存すると、後で取りやすいので便利なものです。使い終わったトレーをきれいに洗って乾燥させて保管しておくといつでも使えます。

おわりに

牡蠣はとても栄養が豊富で生でも煮ても焼いても揚げてもおいしい食材です。生食用の牡蠣は賞味期限中に食べるのならいいんですが、冷蔵保存や冷凍保存した牡蠣は、足が早いので(傷みやすい)必ず火を通して食べなければいけません。

新鮮な牡蠣を最後までおいしく食べてくださいね。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。