生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. モテる携帯メールの打ち方(男性編)

モテる携帯メールの打ち方(男性編)

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

彼女や意中の女性にメールを打つときには大変気を使うものですよね。また、女性はメールが好きですので、上手にそのお相手をするには、少し工夫がいることもあるでしょう。

そこで、今回は『モテる携帯メールの打ち方』を男性の皆さんに向けてご紹介したいと思います。

絵文字の使い方や文章の工夫など、色々とアレンジの仕方によっては女性の心をぐっと掴むことが出来ますので、是非参考にしてみて下さいね。

モテるメール文の書き方

さて、まずは文面の工夫です。何よりもメールの文面が相手の気持ちをぐっと捉える大切なポイントになりますので、いつもより少しだけ気を配ってメールを書いてみましょう。

相手のメール文に必ず反応する

メールはコミュニケーションですので、会話のやりとりが大切です。人は誰しも
- 自分の話をきちんと聞いてくれている人
- 自分の話に興味を持ってくれている人
に好意を感じるもの。

まずは、相手から来たメールに返信する際には、必ずそのリアクションをしてあげましょう。

メールでは、自分の話をするだけではなく、相手の話に対して関心を示し、自分なりのリアクションを返してあげることが大切です。

  • 『それは大変な一日だったね。ご苦労様。僕がそんな大変な一日を過ごしたらきっとへとへとになっちゃうよ。それでも元気な○○ちゃんはすごいね!』
  • 『お友達との飲み会楽しかったようでよかったね。そういう時間は本当に貴重だよね。』 など、どんな内容でも構いませんので、まずは相手に反応して下さい。

文章は長すぎず短すぎず

男性にありがちなのが『了解!』などの一言のみのメールです。これでは全く味気ないですし、女性も冷めてしまいます。

出来れば、数行は必ず文書を書き送るように心がけましょう。

万が一仕事などで忙しく、一言しか送れない場合には、『仕事中だから取り急ぎごめんね』などの一言だけは必ず添えましょう。

そして、手が空いた時に、『さっきはバタバタしててごめんね。で、さっきの話だけど・・・』としっかり話を続けて出来るようなフォローをすることをお薦めします。

逆に長すぎる文章もNG。どんなに文章が上手な方でも、長すぎる文章は読みにくいですし、相手が自分に興味を持っていなければ、重いだけ・・・つまり、流し読みされてしまう可能性も大なのです。

できれば、液晶画面に収まる程度で簡潔に文章をまとめてみましょう。

モテるメール絵文字の使い方

メールでの絵文字、女性は多用していますよね。デコメ(デコレーションメール)なども主流になってきました。

しかし、男性がこの絵文字がデコメを多用するのは控えましょう。女性によっては喜んでもらえることもありますが、中にはそんな男性を敬遠する女性もいるのです。

男性には、さっぱりシンプルに男らしいメールを送って欲しいと願う女性が多いもの。絵文字を使うのは構いませんが、1回のメールに2個程度で留めておくのが理想です。

また、デコメも何か特別な時だけ使うようにしましょう。誕生日のお祝いなどの時には良いかもしれませんね。

モテる返信のタイミング

さて、文章が完璧に作成できたら、次はそのメールを送るタイミングです。女性はまめにメールを返信する方が多いですが、男性の皆さんはいかがでしょうか?

急用メール

取り急ぎ返信が必要なメールには、必ず出来るだけ早く対応しましょう。早ければ早いほど良いのですが、理想としては3時間以内がベストです。

万が一仕事などで、すぐに返信できなかった場合には、必ずその理由を説明し、謝罪した上でメールを送りましょう。

こういった基本的なマナーが守れる方が必ずモテます。飲み会やパーティーの二次会など、メールで出欠を提出しなければいけないことってありますよね。

送ってくれている女性の方の立場に立って、スムーズに返信してあげてくださいね。こういった心配りの出来る男性は尊敬されるものですよ。

そして内容によっては一言、『幹事苦労様。何か俺に手伝えることがあれば言ってね。』などねぎらいの言葉も添えると完璧です。

急用以外のメール

その他他愛のない内容のメールをやりとりすることもあるでしょう。正直返信に困るような内容もあるかもしれません。

そんな時にでも、必ず頂いたメールには返信をしましょう。長くても翌日までには返信して下さいね。

更に上級編として、素早いレスが時として相手を疲れさせてしまうこともあることを知りましょう。マメな男性はモテますが、マメすぎる男性は相手を疲れさせてしまうことがあります。

内容が急用なものでなければ、1時間後くらいに返信をするのも良いかもしれませんね。恋愛と一緒で、多少の駆け引きもメールには必要です。

『あれ?いつもはレス早いのに、珍しく返信が来ないな・・・』と相手に思わせることが出来たら、時にはじらし作戦として有効かもしれませんよ。

返信をしばらく経ってからしようとする場合、返信すること自体を忘れてしまうことがあります。駆け引きも大事ですが、返信をすることは必ず忘れず行いましょう!

メールを送る時間帯

出来ればメールを送る時間帯も気をつけたいもの。電話と同じで、あまりにも遅い時間帯や忙しい時間にメールをするのはやはり避けた方が良いでしょう。

確かにすぐにレスをしたい時もあるかもしれませんが、相手の睡眠を妨げたり、飲み会など相手が用事中だとわかっている時も、避けた方が無難です。

こういった些細なところでも、相手への気遣いを見せてくださいね。

おわりに

いかがでしょうか?ちょっとしたテクニックで、メールの腕は一気に上がるものです。そしてあなたの男性としての評価も上がること間違いなしですよ。

是非すぐにでもお試し下さいね。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110212134557

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る