生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 横浜を楽しむために知っておきたい主要5エリア

横浜を楽しむために知っておきたい主要5エリア

2011年02月14日作成

 views

横浜は歴史と現代が共存するエキゾチックな街です。黒船が来航し港が開港された歴史は市の誇りであり、建物の多くに明治や大正時代のレトロな雰囲気が残っています。

横浜市で有名なのは、やはり観光地として認識されている港周辺エリアでしょう。しかし、横浜には他にも楽しめるスポットがたくさんあります。

ここでは、横浜を満喫するための主要エリアを5つご紹介いたします。

目次

元町・中華街エリア

元町で買い物して中華街でご飯を食べる、と言うのが横浜デートの主流ですね。

元町

200店以上の専門店が並ぶショッピングストリートです。年2回開催される「元町チャーミングセール」は、毎年大盛況。「ハマトラ」ファッションの原点である「K」マークで御馴染み「キタムラ」本店もここにあります。

中華街

元町から中華街は歩いてすぐの距離です。お買い物で疲れたら、中華街で一休み。大小200店以上の中華料理店では選択に迷ってしまうかも。下調べは入念にして行きましょう。

参考記事
[nanapi:20924]
[nanapi:20786]

お腹がいっぱいになったら、中華雑貨の店を見て回るのもまた楽しいですよ。気に入ったチャイナドレスが見つかるかも。

山下公園

観光地のひとつとして有名な、港に隣接する横長い公園です。横浜駅周辺、ランドマークタワーなどが一望できます。

中区山の手エリア

静かな山の手エリアには横浜の歴史に触れる建築物や名所がいっぱい。開港当時の姿がそのまま残された山手西洋館などを見学しながら、ゆっくりお散歩して下さい。

港の見える丘公園

高台の上にある見晴らしの良い公園です。名前の通り、横浜港周辺の風景を一望する事ができます。歌にも出てくる有名デートスポットですね。

外人墓地

「かながわの景勝50選」にも選ばれている有名観光スポットです。港が見える場所に建てられた静かで優美な外観です。基本的に内部は非公開ですが、3月から12月までの土日祭日は公開されています。

港周辺スポット

ベイサイドエリアは「横浜万博」跡地に作られた「みなとみらい21」を中心とした、比較的新しい観光地です。大きな観覧車とランドマークタワーが横浜の新しいシンボルになってきました。

横浜ランドマークタワー

地上70階の超高層ビルです。内部にはショッピングセンターやレストランが多数出店しています。港どころか横浜中を一望できる展望台にぜひ登ってみて下さい。

横浜赤レンガ倉庫

明治時代の赤レンガ建築物をそのまま利用して改装しています。レトロな外観の中にあるのは人気のショッピングセンター。夜はライトアップされて港の風景を美しく彩ります。

金沢エリア

横浜の中心地からは大きく離れた埋め立て海岸地域です。巨大な市営水族館「八景島シーパラダイス」を中心とした「海で遊べる」エリアになっています。

海の公園

八景島と対岸にある横浜で唯一の海水浴場です。春は潮干狩りを楽しむ家族で賑わいます。夜はライトアップされた八景島を美しく眺めることが出来るデートスポットでもあります。

八景島

遊園地と市営水族館をメインとしたレジャー島です。島に入るだけならば無料です。水族館「八景島シーパラダイス」は、各種ショーも常時行われており見応えありますよ。

横浜駅周辺スポット

観光地とは対岸にある形の横浜駅周辺は、お買い物スポットです。西に「横浜高島屋」東に「横浜そごう」という二大百貨店を中心とし、ショッピングセンターがひしめいています。

シーバス

横浜駅から観光地であるベイエリアや中華街に電車で行くのも良いですが、「海の上を行く」という選択もあるのです。

東口から出ているシーバスを利用すれば、桟橋、赤レンガ倉庫、山下公園まで港の風景を楽しみながら行けてしまうというわけです。

乗船料金も山下公園まで700円ですから、電車と比べて格段に高いというほどでもありませんよね。晴れた日は気持ち良いですよ。

おわりに

いかがでしょうか。ザーッと1日で回ってみるのも良し(金沢地区までは難しいですね)。何日にも分けてジックリ遊ぶのも良し。

ぜひたくさんの名所を回ってみてください。行けば行くほど病みつきになる街です。

(Photo by 「足成」「街画ガイド」)("横浜駅周辺スポット"Picture by KUKO)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110210174758
  • 20110210174630
  • 20110210175301
  • 20110210180202
  • 20110210175530
  • 20110210180003
  • 20110210172115
  • 20110210172536

本記事は、2011年02月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る