生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. 横浜で子連れファミリーが楽しめるオススメスポット5選

横浜で子連れファミリーが楽しめるオススメスポット5選

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

横浜にはたくさんの観光スポットがありますが、中には、大人から子供まで楽しめる、子連れファミリーにぴったりなところもあります。

そこで、当記事では、横浜で子連れファミリーが楽しめるオススメスポット5選について解説します。

横浜アンパンマンミュージアム

子どもならみんな大好きアンパンマン!そんなアンパンマンの博物館が横浜にあることをご存知ですか?

横浜アンパンマンミュージアムでは、アンパンマンを作る工程が覗けたり、アンパンマンショーを楽しんだりできます。

また、ショッピングモールでは、ほとんどのキャラクターの焼き立てパンが買えるので、アンパンマンファンならぜひ訪れたいスポットです。

  • 住所:横浜市西区みなとみらい4-3-1(みなとみらい線「新高島」駅より徒歩7分)

  • 定休日:元日

  • 入館料:1000円(1歳以上)

こどもの国

こどもの国は、子どもが自然のなかで元気いっぱいに遊べる施設です。

園内には、横浜で一番長い全長110mのローラーすべり台や、六角形をかさねたような、ふしぎな形のジャングルジム「キャトルズ」など、楽しい遊具が揃っています。

予約すれば、バーベキュー場やテニスコートなども利用でき、家族みんなでアウトドアが楽しめます。

  • 住所:横浜市青葉区奈良町700(こどものくに線「こどものくに」駅より徒歩2分)

  • 定休日:毎週水曜日(祝祭日の場合開園)

  • 入園料:大人600円、小学生200円等。詳しくはこちらのページでご確認ください。

つくし野アスレチック

アウトドア派のご家族にもう1つお勧めの施設として、つくし野アスレチックがあります。

ロングとんねるすべり台やトランポリンなどユニークな遊具がそろった「トムソーヤ冒険の森」のほか、個性豊かな4つのステージがあり、冒険気分が味わえます。

自然のなかで思いきり体を動かした後は、バーベキューを楽しむこともできます。

  • 住所:横浜市緑区長津田町4191(東急田園都市線「すずかけ台」駅より徒歩15分)

  • 休園日:年末年始のみ休園

  • 入園料:大人800円、小学生500円等。詳しくは、こちらのページでご確認ください。

横浜こども科学館

横浜こども科学館は、操作・体験を通して、宇宙の不思議や科学のおもしろさを学習できる科学館です。

宇宙飛行士の訓練が体験が出来たり、サイエンスショーの見学ができたり、子どもの知的好奇心を満たしてくれます。

さらに、最新式の全天周デジタル映像投影装置を導入したプラネタリウムも迫力満点です。

  • 住所:横浜市磯子区洋光台5-2-1(JR「洋光台」駅から徒歩3分)

  • 定休日:第3月曜日 (祝祭日の場合は開館。8月は無休)

  • 入館料:大人400円、小中学生200円。プラネタリウムは別途料金がかかります。詳しくはこちらのページでご確認ください。

あーすぷらざ

親子で楽しく学べる施設として、あーすぷらざもお勧め。あーすぷらざは、世界の文化や暮らしについて学べる施設です。

世界の民族衣装や住居などを展示した「こどもの国際理解展示室」や、夢と不思議がいっぱい詰まった「こどもファンタジー展示室」などが常設されているほか、企画展も開催されます。

気軽に楽しめる展示物から、かなり深い内容のものまであるので、家族で「地球」について考えるきっかけを与えてくれます。

  • 住所:横浜市栄区小菅ヶ谷1-2-1 (JR「本郷台」駅からすぐ)

  • 休館日:毎週月曜日(祝祭日の場合は開館)

  • 入館料:大人500円、小中学生100円等。詳しくは、こちらのページでご確認ください。

おわりに

いかがでしょう。横浜で子連れファミリーが楽しめるオススメスポット5選についてご理解いただけたでしょうか。

当記事が、あなたの家族レジャーのヒントになれば幸いです。

(photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20110214150109

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る