生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 引かれてもウケたい時の「ほっしゃん芸、改」

引かれてもウケたい時の「ほっしゃん芸、改」

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

引かれてもウケたい時が、人生には3度ある。

か、どうかはわかりませんが、
「ほっしゃん」のうどんを鼻から吸って、口から出すネタ。
これをちょっといじると、そこそこ使えるネタができます。
わりと汚いので、時と場所と面子は選びましょう。

「腹から笑う笑い」は、常に驚きが同伴する

かっこいい感じの見出しですが、
ようは、相手の予想を上回るモノを提示すると、
「うおっ!びっくりした、ちくしょう、笑っちゃうぜ!」って感じです。

やり方

(1)小さい食材を用意しましょう

とうもろこしやえだ豆などの粒上のものや、
にんじん、大根のスライス(刺身のつま)みたいなのがいいです。
飲み会などでよく見かける食べ物。
ここでは、えだ豆と大根のスライスを取り上げてみます。

(2)「いいか、今からえだ豆を鼻から入れて、口から出すぞ!」

皆の前でたからかに宣言します。

(3)後ろを向きます

このとき左手に握りこんでいた大根のスライスを口に含みます。

(4)前を向きます

右手でえだ豆を鼻の穴に少しずつ入れて、注目をさそいます。
※この段階で場がしらけていたら、それはアラートです。
こういう汚いのが嫌いな人も多いので、「あ、やっぱやめるわ!」とさわやかに、えだ豆を鞘に戻しましょう。

(5)一気に枝豆を吸い込んで、むせて、口から大根のスライスを吐き出す。

ココは勢いが大事です。
その後もむせればむせるほど、驚きと人の不幸が交じり合い、ウケル可能性が高いです。

今日は奇しくも金曜日なので、飲み屋で大根のスライスが飛び交う光景が見れたら幸せなのかな。
食べ物は、食べるだけが使い方ではありませんが、
出した大根と鼻に詰まった枝豆は、礼儀として食すことがオススメです。

関連ライフレシピ

この記事で使われている画像一覧

  • 20090904114631

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る