\ フォローしてね /

はじめてビジネス年賀状を書くときに気をつけたい「宛名」「賀詞」について

年賀状は面倒…と思っていても、わずかな金額で人間関係が円滑になれば、安い物です。一度掴んだ人脈は大切にしましょう。

宛名の書き方のポイント

1:縦書きの場合の番地や部屋番号は原則として漢数字を用いる

2:会社名は (株)等と省略しない

社名の前に「株式会社」がつく時は、社名よりも小さい文字で書き、(株)と省略しないようにします。

3:宛名には必ず敬称をつける

  • 個人宛ては「様」
  • 会社、団体などには「御中」
  • 「殿」は年賀状では「様」を用いましょう

組織の個人に宛てる場合は、部署名を右肩に、役職名を名前の上に小さく書き、個人名に「様」とします。

役職名には敬称はつけませんので「〇〇社長様」とはぜず、「社長 〇〇様」とします。

宛名の書き方の例

正しい例

  • 〇〇株式会社 △△部 部長 年賀太郎様
  • 〇〇株式会社 △△部御中
  • 〇〇株式会社御中

間違った例

  • 〇〇株式会社 △△部 年賀太郎部長様
  • 〇〇株式会社御中 年賀太郎様
  • 〇〇株式会社御中 △△部御中

連名の場合の例

正しい例

  • 年賀太郎様・花子様
  • 年賀家御一同様

間違った例

  • 年賀太郎・花子様

賀詞について

取引先

  • 謹んで年頭のご祝詞を申し上げます
  • 謹んで年始のご挨拶を申し述べます
  • 謹んで新春のご祝詞を申し上げます

会社の上司

  • 謹賀新年
  • 恭賀新年
  • 新春のお喜びを申し上げます

「謹賀新年」も「恭賀新年」も同じような意味ですが、どちらかといえば会社の上司には「恭賀新年」、会社の先輩には「謹賀新年」がよいです。

目上の人に対して出す年賀状 には、「謹んで」「恭しく」の文字が入ったものにすれば失礼にはあたりません。

簡略化した表現「賀正」「迎春」「新春」「賀春」「頌春」など、「謹んで」という文字が入らない賀詞は,なるべく目上の人や上司には使わないようにします。

同僚

  • あけましておめでとう(ございます)
  • 新年おめでとうございます
  • 新春のお喜びを申し上げます
  • 賀春
  • 賀正
  • 迎春
  • 謹賀新年
  • Happy New Year!

おわりに

新入社員の皆さんは、年賀状を書いた経験は少ないはずです。手間のかかる作業ですが、ここでポイントを上げておけば人生に必ず有利に働きます。

情報もお金も人脈も、巡り巡って自分に帰ってきます。大切にしましょう。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。