\ フォローしてね /

500円の赤ワインを10倍の5000円の味に変えて楽しむ方法

ここ数年、又ブームと言うか、じわじわと広がりつつある感がするワインなんですが、皆さんはいかがでしょうか?飲まれてますか?

ワインと言ってもピンからキリまで!毎日頂く1000円ぐらいのデイリーワインから、お誕生日や結婚記念日等のお祝いの時に飲む、数万円のワインまで、各種様々なワインがあります。

最近は、1000円少し出せば、美味しいワインが沢山あるんですが、やっぱり高級ワインも楽しみたいものです。

しかし、高級ワイン(5000円以上)になるとお歳暮や贈り物で頂いたりした時に味わえるぐらいで、中々自分で買ってまで飲むと言うわけにはそう簡単にいきません。

そこで、今回は『500円のワインを10倍の5000円の味に変えて楽しむ方法』をご紹介しましょう。

ワインの味を変化させる方法

1000円位までのワインを用意し抜栓する

この時に、ワインを一杯分だけ、別のグラスに取り出し置いておく。ワインの瓶の中が少し空洞になり、ワインと空気の触れる面積が大きくなり、酸化が進みます。よく耳にする、デキャンタ―ジュ(ワインを別のガラス容器に移しかえる技法)と同じ要領です。

抜いた栓をもう一度瓶に戻し、ワインを泡立つまでよく振る

少し、ワインを抜いて空気に触れさせるぐらいでは、なかなか変化がありません。そこで、早く酸化を促すためにワインを瓶ごと勢い良く振るのです。(これは、フランスの田舎町などでもたまに使われている技法で若くて硬さのあるワインを開かせたりする時によく使います。)

そして、さっきボトルから取り出したワインをもう一度、瓶に入れ、振った後のワインと混ぜ合わせ、なじませる。これで、酸化によるまろやかさは、ある程度出てきましたのでつぎは香りを付けてみましょう。

ワインの香りを変化させる方法

ワインをボトルからワイングラスに注ぐ

先ほどの酸化によってまろやかになったワインをグラスに注ぎます。このグラスの中にミントの葉を一枚・丁字(クローブ)を一粒・そしてバニラエッセンスとカシスのリキュールをほんの一滴づつ落として下さい。

そしてグラスの中の赤ワインに、割り箸しのばせます。そして勢いよくかき混ぜます。(この時の割り箸の種類は杉の木の割り箸で無いと上手くいきません。)

すると、どうでしょう・・・5分後、さっき入れたバニラエッセンスからは新樽の香りのニュアンス(バニラ香)割り箸からは木樽の香りがしてきます。

それだけではなく、ミントの葉とカシスのリキュールからはボルドー産のカベルネソーヴィニョンのニュアンス、クローブからは熟成香に近いニュアンスまで伝わってきます。

まるで高級ワインです。但しこのワイン、10分~15分くらいで味のバランスが崩れてきますのでお早めにお召あがり下さい。

大体ボトル1本で7杯くらいは取れる計算なので、大勢で楽しむバーベーキュー等にはいいかもしれませんね。

おわりに

500円の赤ワインを10倍の5000円の味に変えて楽しむ方法。色々な方法でワインを楽しむと、また違った発見もできますね?

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。