生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 高い位置からデジカメで撮影する裏技

高い位置からデジカメで撮影する裏技

2012年09月07日更新

 views

お気に入り

はじめに

コンサートや動物園などで、人ごみが邪魔で写真が撮影できない……というもどかしい思いをしたこと、一度はありますよね。

必死で手を高く伸ばして撮影しようとするんだけれど、背が低いとそれでもなかなか届かなかったり、シャッターボタンがうまく押せなかったり……。

そんな時に、あるグッズを便利に使って撮影する方法を解説します。

折りたたみ傘が三脚がわり!?

折りたたみ傘、誰でも一本くらいは持っていますよね。カバンの中に普段から入れて持ち歩いているという人も多いと思います。

さて、ではお手持ちの折りたたみ傘の先端をよく見てください。キャップのようなものが、ネジで止まっているのではないでしょうか?

実は、このネジが、カメラの三脚のネジと同じ大きさであることが多いんです!

ためしに傘の先端のキャップを外して、デジカメの三脚用の穴に差し込んでみてください。きっとぴったりはまるはずです!

すべての折りたたみ傘でできるわけではありません。できなかった人はごめんなさい。。。

撮影はセルフタイマーで!

さて、これで見事にデジカメに足がつきましたね。この傘の部分を持って手を上げれば、直接カメラを持つより高い部分から撮影することができます。
でも、これではシャッターボタンが押せません。

そこで、撮影の時はセルフタイマーを使いましょう。手ブレも防止できて一石二鳥ですよ!

もちろん、普通に三脚として使うのもアリ

高く持ち上げて使う以外に、台の上において普通に三脚の代わりに使ってもOKです。

傘の形状によっては、安定感はあまりよくないかもしれませんが、手ブレ防止のためにカメラを固定する程度の目的であれば、十分につかえますよ。

なにより、折りたたみ傘であれば、普段からカバンに入っていることが多いので、わざわざ三脚を持ち運ばなくてもよいのがお手軽です。ぜひ試してみてください!

(Photo by http://www.flickr.com/photos/elwillo/4130523088/)

この記事で使われている画像一覧

  • 20100427143527

本記事は、2012年09月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る