\ フォローしてね /

カラオケで上手に歌う!即効性ある3つのコツ

このライフレシピのもくじたたむ

皆さんはカラオケって好きですか?気心の知れた間ならともかく、初めて一緒にカラオケへ行く人の前では少しでも上手に歌いたいと思うものです。

また、社会人にもなると、カラオケが苦手な人でも付き合いで行かなければいけないことが出てくると思います。忘年会や新年会などでは二次会で指名されて歌わなくてはならない場面もあるのではないでしょうか。

今回は歌を上手く歌う方法の中でも、即効性のあるコツを3つご紹介します。普段カラオケに行き慣れていない人でも簡単にできるものですので、ぜひ試してみてください。

カラオケで上手に歌うコツ

STEP1:マイクを床と水平に持つ

マイクの持ち方を意識したことはありますか?司会者のようにマイクが縦になっている人、マイクが下を向いている人などいろいろな持ち方をしている人がいます。

今度カラオケに行ったときはマイクが縦ではなく床と水平になるように持ってみてください。こうすることでマイクの頭と口が向き合うので、マイクが声を拾いやすくなります。歌声が小さくて悩んでいる人にも効果的です。

STEP2:マイクを持っていない手で片耳をふさぐ

やったことのない人は騙されたと思って試してください。カラオケの大音量の中でも自分の声が聞こえやすくなるので、結果として音程も取りやすくなります。

これは自分の骨が振動して直接鼓膜が振動して聞こえる音が聞こえるようになるからなんです。プロでもコンサートやレコーディングのときにやっている人がいるくらい効果的ですよ。

STEP3:脚でリズムをとる

身体全体でリズムを取ろうとすると、マイクと口の距離が安定しないため不安定になりがちです。STEP2で紹介したように片耳をふさいでいたら手でリズムを取ることもできません。

そこで、脚でリズムをとるようにしてみてください。こうすることで、マイクの位置を安定させたまま簡単にリズムをとることができますよ。座っていても立っていてもさりげなくできるのでオススメです。

おわりに

カラオケは結局のところ楽しんで歌うのが一番盛り上がるものなのですが、今回紹介したコツが少しでもみなさんのお役に立つと嬉しいです。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。