生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. ホワイトデーのお返しで気をつけたいこと

ホワイトデーのお返しで気をつけたいこと

2013年11月02日更新

 views

お気に入り

はじめに

バレンタインにチョコをもらって、喜んでいる男性の方々・・・浮かれている場合ではありません。

チョコをもらえば、そのチョコが本命であるか義理であるかに関わらず、ホワイトデーにお返しをするのが礼儀です。

でも、ホワイトデーに、何も考えずにお菓子の詰め合わせを贈って、女性の機嫌を損ねてしまった・・・という方、いらっしゃいませんか?そんなことにならないように、ホワイトデーのお返しで、気をつけるべきポイントを紹介したいと思います。

ホワイトデーのお返しで気をつけるべき3つのポイント

その1 もらったものより良いものを

女性は、男性にチョコなどを贈る際、本命であっても義理であっても、少なからずお返しに期待しているものです。

それが、贈ったものよりも安いものが返ってくると、とってもガックリきてしまいます。

女性は、物の価値には敏感です。バレンタインに女性にもらったものより、少しでも価値のあるものを贈るようにしましょう。

その2 実用性

女性は、男性が思っているよりもずっと、現実的な生き物です。実用性のないものをもらっても、困ってしまいます。

例えば、インテリアにと、大きなぬいぐるみをもらっても、よっぽどロマンチックな女性でない限り、「邪魔になる」、と嫌な顔をするだけですよね。

相手のことを考えて、実用性のあるものを贈るようにしましょう。相手がフルタイムでバリバリ働く女性なら、ブランド物のハンカチを、スイーツ好きな女性なら、ちょっと高級なスイーツを贈ると、喜ばれるでしょう。

その3 もらった物に合わせる

例えば、手作りチョコをもらったのなら、男性もスイーツ作りに挑戦して、簡単なお菓子を作って贈ってみても面白いでしょう。

自分のために、慣れないお菓子作りを頑張ってくれた彼に、女性はキュンっとなってしまうかもしれません。

そこまでできなくても、手作りチョコにはお菓子屋さんのチョットしたお菓子の詰め合わせ、高級チョコなら高級スイーツ、物なら物でお返しをするようにしましょう。

本命の彼に、ブランドのハンカチをあげたのに、返ってきたのは高級スイーツだったら、値段的にそう変わらなくても、なんだか腑に落ちない気分になるものです。

おわりに

女心は、なかなか難しいものです。せっかくのホワイトデーに、女性の機嫌を損ねることのないよう、充分気をつけたいですね。

素敵なホワイトデーを過ごすために、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110210221015

本記事は、2013年11月02日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る