\ フォローしてね /

歌をうまく歌うコツ

自分では上手に歌えているつもりでも、録音してみるとなんか下手な気がする…
そんな経験はありませんか?もう少し上手に歌いたいと思っている方は、是非下記の方法を試してみてください。

その1:リズムをよく聴く

メロディに気をとられて、リズムが上手にとれていないことがあります。リズムというのは、楽器で言うとベースやドラムが担当する部分です。

リズムをよく聴いて、歌うことを心がけるようにしましょう。また、ノリ(グルーヴ)に乗ることも大事です。

普段から音楽を聴く時に、リズムを意識して聴くようにすると、リズム感が養われます。

その2:ピッチを正確に出す

ピッチとは、音の位置のことです。これがずれると、一般的に音痴と言われます。

まず、自分が出している声が正確な位置にあるのかどうかを確認します。楽器があればベター。音を出して、自分の声が正しい位置にあるか確認しましょう。

もし、歌っている最中に、位置が分からなくなった場合は、片方の耳をふさぎます。そうすることで、自分の声が体内を通して聞こえてくるので、ずれているのかどうかよく分かるようになります。

その3:ブレスをきちんとする

ブレスというのは、息を吸うことを差します。空気をしっかり取り込まなければ、いい声は出ません。また、特にテンポが早い曲は、ブレスをしっかりしないと上手に歌えなかったりします。

何度も練習して、ブレスのタイミングをつかめば、グンといい声で歌えるようになります。

その4:マイクの位置に気をつける

歌っているとき、マイクはどのあたりにありますか。あまり遠くてもダメですし、近すぎても声が歪んだり、リップノイズが入るのでよくありません。

また、曲の中で大きな声を出す部分や、逆に小さな声を出す部分があると思います。そのときは、自分でマイクの位置を調整しましょう。平均的なボリュームで声をマイクに乗せられるようになると、上手に聞こえるようになります

おわりに

カラオケなどで歌を歌うときは、自分が気持ちいいのはもちろんですが、聴いてくれるお友達にも、いい気分になってもらいたいものです。上記のコツを是非試してみてください。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。