生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4. ホテルでする乾燥対策

ホテルでする乾燥対策

2011年02月14日作成

 views

サラリーマンでしたら、出張などでホテルを利用することもあるかと思います。ホテルは気密性が高いので、暖房をしても、温度だけが上がり、湿度は上がりません。それが乾燥の原因になってしまいます。

特に、冬は、朝起きるとのどが痛いという経験をした人はとても多いと思います。

今回はホテルでする乾燥対策について、紹介します。

目次

加湿器がないか、ダメ元で聞いてみる

最近のビジネスホテルでは、加湿器を貸してくれるところも増えてきています。ホテルを予約するさいに加湿器を貸してもらえないか、ダメ元で聞いてみましょう。

また、最近は、小型の加湿器を売っているので、小さいものを買って持って行くという手もあります。安いもので2000円ぐらいから5000円ぐらいのものを中心に売っています。事務所や自宅でも使えるので1つ持っていると便利です。

お湯を沸かしたり、コップに入った水を置いておく

ビジネスホテルでは、小さい湯沸かしポットがついているところが多いです。それを使って、ふたをしないで、お湯を沸騰させましょう。蒸気が出て、乾燥が和らいできます。コップに水を入れて、枕元に置いといてもいいでしょう。

濡れたバスタオルを枕元に干しておいても同じような効果があります。びちょびちょにして、乾かして大丈夫です。

絨毯に水をまく

えっ、絨毯に・・・と思うかもしれませんが、アメリカでは、割と知られた方法だそうです。

コップに入れた水を、絨毯に巻きます。1箇所ではなく、少しずつ何回かに分けたほうがよく、乾燥してのどを痛めないように、枕元の床は少し多めにまいておきます。

絨毯に水をまくのは抵抗があるかもしれませんが、朝にはしっかり乾燥しています。

おわりに

いかがでしょうか。ぜひ試して、乾燥から大切な体を守るようにしましょう。次の日の仕事にも関わってくるので、実践するようにしましょう。

本記事は、2011年02月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る