\ フォローしてね /

食パンの冷凍保存の仕方と利用法

カリカリのトーストにバターとジャムをつけたり、チーズと野菜とケチャップでピザトーストにしたり。食パンひとつでいろいろな食べ方ができます。

でも、一人暮らしさんやご飯党の家庭では、食パンを一袋買っても食べ切れなかったり、あまらせてしまうこともあります。そんなときに便利な方法をご紹介します。

他のパンの保存方法はこちら!主婦の方・一人暮らしの方におすすめです!
パンを保存する方法まとめ

冷凍保存の仕方

賞味期限が切れる前に冷凍保存しておけば長く持ちます。一人暮らしさんに便利な方法です。

STEP1

食パンを密封容器に入れます。一枚ごと取り出しやすいように並べると便利です。

STEP2

冷凍庫で保存します。美味しく食べられる保存期間は3ヶ月くらい。しっかり密封して冷凍庫のニオイがつかないように気をつけましょう。

食パンだけでなく、ベーグルやピタパンなども同じ方法で保存できます。

利用法1: トーストやフレンチトースト

食べるときは、凍ったままトースターで温めます。ジャムトーストやピザトーストにする場合、凍ったままでトッピングして焼きます。

凍ったまま焼くことで、パンの水分が逃げずに美味しく食べられます。

フレンチトーストやパンプディングに使うこともできます。

利用法2: パン粉にする

冷凍食パンから生パン粉を作ってみましょう。市販のパン粉よりも粒が粗くなりますが、粗い分だけ衣がサックサクにボリュームアップします!

コロッケやトンカツなど、きめの粗い生パン粉で作ると驚きの美味しさになりますよ。

STEP1

上記の方法で食パンを冷凍させます。

急いでパン粉をつくりたい場合、ラップをしないでレンジで加熱して水分を飛ばします。

STEP2

食パンを大根おろし器で削ります。フードプロセッサで砕いても作れます。フードプロセッサの場合は、粒が細かくできます。

手作りパン粉のできあがり。

STEP3

作ったパン粉は密封容器に入れて冷凍庫で保存できます。料理にちょこちょこ加えるときに便利です。

冷凍庫のニオイがつかないようにしっかり密封してください。

おわりに

この方法を知っていると、食パンを大きな袋で買って保存しておくことができるので便利です。ぜひお試しください。
(イラスト by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。