生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. 観光だけじゃない!子どもも遊べる横浜の公園

観光だけじゃない!子どもも遊べる横浜の公園

2011年02月14日作成

 views

「横浜」というとデートスポットや観光地として取り上げられがちですが、お子さん連れでご家族で楽しめる公園がたくさんあります。

筆者も自分の子供が小さい時に横浜市内の色々な所に連れて行きました。公園ですから、予算もあまりかからなくて済むのです。

ここでは、子供を連れて遊びに行くのにピッタリな公園を5つご紹介します。

目次

海の公園

横浜市で唯一の海水浴場です。内海になっており、波が全く無いので小さなお子様でもプール感覚で遊ばせることが出来ます。

人工砂浜で遊ぶ

広い人口砂浜が長く続く公園の向こうには八景島が見え、ロケーションも最高です。春は潮干狩りが盛んで家族連れが1日中のように砂を掘っている姿が見られます。

夏は、もちろん海水浴。温水シャワー付更衣室(有料です)も設置されています。

アクセス

  • 住所:横浜市金沢区海の公園10番
  • 金沢シーサイドライン「海の公園南口」「海の公園柴口」「八景島」駅下車徒歩2分
  • 駐車場:有料駐車場1688台あり(300円/1h) 
  • 入園料:無料
  • 公式HP:http://www.umino-kouen.net/index.html

こどもの国

走り回れる広場だけではなく、数多くの遊具、小牧場、スポーツ場、プールまで備えた一大レジャーランドです。1日では回りきれないほどの広さと充実した施設が魅力。飽きる事がありません。

ミニSL

園内には広場や無料遊具も多数ありますが、男の子に人気なのは、この「ミニSL」。何と太陽発電で動いているそうなのですが、園内の見所を一周して行くので、花の季節は家族で楽しめる乗り物です。

乗車料金は200円とリーズナブル。ぜひ、乗ってみて下さい。

アクセス

  • 住所:横浜市青葉区奈良町700
  • 田園都市線「長津田」からこどもの国線「こどもの国」駅、徒歩2分
  • 駐車場:1,700台 900円
  • 入園料:大人600円子供200円幼児100円・9時30分~16時30分(7・8月は17時まで)
  • 公式HP:http://www.kodomonokuni.org/

野毛山動物公園

昔は横浜の動物園と言えばこの「野毛山動物園」でした。「金沢自然公園」の開園に伴って多数の動物がそちらに引っ越し、今はかつてよりも小規模になっています。

しかし、現在でも100種1416点の動物が飼育されており、見応えは充分です。おまけに入場料が無料です。小さいお子さんを連れて動物と触れ合うのにピッタリな動物公園なのです。

なかよし広場

モルモットやヒヨコなど小動物と触れ合うことが出来る広場があります。子供は動物が大好き。しかし、現在の住宅事情では、なかなかペットを飼うこともままなりません。

この機会に、たくさんの動物との触れ合いを体験させてあげてください。きっと楽しい1日なることでしょう。

インフルエンザ流行などのため、広場が閉鎖されている場合もあります。あらかじめ問い合わせてからお出かけ下さい。

アクセス

  • 住所:横浜市西区老松町63-10
  • JR根岸線・横浜市営地下鉄「桜木町」駅下車徒歩15分または市営バス「野毛山動物園前」下車
  • 駐車場:なし(隣接の「横浜市中央図書館」の有料駐車場を利用)
  • 入園料:無料・9時30分~16時30分(入園は16時まで)
  • 公式HP:http://www.nogeyama-zoo.org/index.html

こども自然公園

旭区に位置する住宅街の外れにある公園です。「大池公園」とも呼ばれています。公園の真ん中にずっと繋がっている大きな「大池」が名前の由来です。

大きな遊具はありませんが、池を見ながらずっと続く散策路は気持ち良く、四季の自然に溢れていて春は桜の名所でもあります。バーベキュー広場も設置されています。ホタルの生息地としても人気です。

万騎が原ちびっこ動物園

この公園で子供に人気なのが「野毛山動物園」から分園された「万騎が原ちびっこ動物園」です。

小さいながらもポニーやヤギなど子供目線に合った動物が多数飼育されています。小動物と触れ合える「ふれあい広場」は人気のスポットです。

アクセス

根岸森林公園

横浜の観光スポットが密集する中区の高台に位置します。明治時代は競馬場だったので、地元では以前は「根岸の競馬場」と呼ばれていました。

とにかく広い

どこまで走って行っても芝があり、天気が良い時にお弁当持ちでボール遊びなどするのに絶好の場です。広々としていて緑が目に優しく、ストレス解消にピッタリです。

運動不足のお父さんも、子供と走ったりキャッチボールしたりしてあげて楽しい1日を過ごしてください。

馬の博物館

公園の隣にあります。

競馬場跡だけあって、園内にはかつての名残を偲ばせる物が今でも多数点在しています。その総まとめのような物がこの「馬の博物館」です。

馬と人間の関わりや歴史、標本など興味深い物が多数展示されています。馬にも競馬にも興味のない方にも楽しめる博物館です。

何せ入場料も大人100円、小中高生30円ですから、お財布にも優しいです。公園に行かれた際にはぜひ覗いてみて下さい。

入館料:大人100円(4月23日~6月5日は200円)、小中高生30円(毎週土曜は無料)
開館時間:10時~16時30分(入館は16時まで)
住所:〒231-0853 横浜市中区根岸台1-3
電話:045-662-7581
公式HP:http://www.bajibunka.jrao.ne.jp/U/U01.html

アクセス

  • 住所:横浜市中区根岸台1-3
  • JR「桜木町」駅、「横浜」駅より市営バス「旭台」下車またはJR「石川町」駅・「根岸」駅から徒歩20分
  • 駐車場:第一 100台、第二 100台(400円/2h) 
  • 入園料:無料・24時間開園

おわりに

観光だけではなく、子供が喜ぶ施設がたくさんあるのが横浜の良いところ。子供だけではなく、家族みんなで楽しめること間違いなしです。ぜひご利用下さい。

(Picture by KUKO)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110210152025
  • 20110210143357
  • 20110210144134
  • 20110210140720
  • 20110210151011
  • 20110210132635
  • 20110210133237

本記事は、2011年02月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る