生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. お花見の場所取りで桜が綺麗に見える場所を取るためのコツ

お花見の場所取りで桜が綺麗に見える場所を取るためのコツ

2011年02月14日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

春といえば桜!桜といえば花見!

そう、後2ヶ月もしない内に関東では花見のシーズンがやってきます。花見のシーズンに一番大切なことと言えば、「お花見の場所取り」ではないでしょうか。

ということで今回は、お花見の場所取りの際に気をつけたいコツを幾つか紹介させていただきます。

前準備

1、場所取りの際の人数

2人以上は必要です。できれば女性だけよりも男性が一人居てくれた方が力仕事があった際なんかに助かります。

ただ、翌日に合流するメンバーが会社規模の大人数の場合は場所も広い所を取らなくてはいけなくなりますので、その際は人数が多い方が良いでしょう。

取った場所を翌日までしっかり確保しておくためにも、交代で場所の見張りが必要になってくるのですが、その際も楽ですので、場所取りの人数は多いに越したことはありません

2、場所取りを始める時間

小規模、4~5人程度のお花見なら始発で当日の朝でも大丈夫ですが、大規模、会社全員等の際は前日の夜8~9時辺りには場所取りに出かけたいところです。

できることなら、場所取りメンバーになってしまった場合はお花見の前日に休暇を取り、丸一日体制で場所取りに徹することが出来れば更に良い場所が取れると思います。

3、防寒対策グッズは重要

春とはいえ、まだまだ夜中や朝方は冷え込む時期です。ですので防寒対策はしっかりとして場所取りに挑みましょう。

例えば、多数のカイロ所持や洋服数枚重ね着は当たり前。その他にセーター、ダウンジャケット、スキーウェア等の厚手の上着、マフラー、アウトドアで使用するようなアルミブランケット等も必要です。

寝泊りが大丈夫な場所であれば毛布、ダンボール、アウトドアに精通している方がいらっしゃればテントなんかがあると良いようです。段ボールはダンボールハウスにして寒さを凌ぎます。

後はアルコール類を買い、暖を取りながら徹夜です。

4、暇つぶしに

携帯ゲーム機や場所取りメンバーで遊べるようなトランプ、UNOなんかもあると夜が楽しいかもしれません。

また、暇つぶしは携帯電話で良いや、と思う方もいるかもしれませんが、携帯電話は翌日に合流するメンバーとの大切な通信手段となりますので、出来るだけ電池の消費を抑えられる方が良いと思います。

場所取りの際に気を付けたいこと

1、シートの大きさ、確保する場所の広さ

翌日に合流するメンバーの人数を踏まえて、場所選び・持って行くシートの大きさを決めましょう。

合流メンバーが大人数であれば、広い場所。シートの大きさはブルーシートやレジャーシート等の大きなシートを。シートは予備も忘れずに。

2、桜が綺麗に見えるかどうか

場所が決まり、シートを敷いたら場所取り終了。ではありません。シートを敷いたら、まずはそのシートの上に座り、シート上であればどこからでも桜が綺麗に見えるかどうかを確認します。

シート上、一箇所から綺麗に見えるだけでは不十分ですので、実際に座って確認をしつつ場所の微調整をしましょう。

3、トイレからの位置

宴会やお花見の場所はトイレから近いことに越したことはありませんが、宴会やお花見をする場所からトイレが見えないということが大切です。

要注意・覚えておきたいこと

1、要注意

  • 寝泊りが出来ない場所の時は、その場所を離れる際に「団体名」を書いた紙、もしくは丈夫な何かをガムテープや布テープでしっかりとシートに貼り付けてから離れるように!後から来た人に横取りされる場合があります。

  • 両隣に他の団体の場所取りさんが居た場合は、必ず挨拶を忘れずに!お互いに色々と情報交換等が出来るかもしれません。

  • その後は、場所取りメンバーが交代で何時間かごとに取った場所の見回りに行くこと。

  • 時々ホームレスの方が「○○円で場所取りするよ」と声をかけてくる場合があるそうですが、これは違法なことなので、もし持ちかけられても断るようにしましょう。

  • 翌日は、遅くても朝の6時までには公園内の場所取りをした場所に行き、座っているように。どこかの公園では早朝7時頃に清掃員さんが園内のゴミの撤去をするそうです。

2、覚えておきたいこと

場所取りの際にミネラルウォーターの入ったペットボトルを何本か持っていけると、シートの押さえとしても、宴会の際の水割りの水としても使用できますので重宝します。

おわりに

いかがでしたでしょうか。大体のことは載せました。後はあなたの努力次第です。会社でのお花見の場所取りは、あなたの会社での評価に繋がることもある大切な行事です。

手を抜かずにきちんとやっていれば、それを見ていてくれる方もきっと居るはずです。何事も精一杯尽力することが大切だと思いますよ。

参考

本記事は、2011年02月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る