生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 安いデジカメでも花のアップを綺麗に取る方法

安いデジカメでも花のアップを綺麗に取る方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

「花」で撮影の練習にしよう!

「花」というのは、初心者が撮影対象にするのに適した素材です。
ベランダで育てている花や、道端で見つけた綺麗な花、デジカメで綺麗に取りたい!ということはよくありますよね。

でも、花に近づいてアップで綺麗に取りたいと思っても、なんだかボケボケになってしまったり、ゴチャゴチャした写真になってしまったり……。

そこで、花のアップの写真を綺麗に取る方法について解説します。

基本は接写(マクロ)モード

大抵のデジカメには、接写(マクロ)という機能がついています。
これは、近くのものにピントを合わせてとるためのモードで、花や物のアップの写真を取るのには適しています。

最新のデジカメなら、マクロモードで取るだけで簡単に綺麗なアップ写真が取れるようになっています。
でも、安いデジカメや携帯のカメラなんかだと、焦点距離がそれほど近くなく、あまり近づきすぎるとやっぱりぼけてしまいます。
また、照明なんかの都合で、そもそもあまりぴったり近づきすぎると影で綺麗に取れないという場合もあるかと思います。

虫眼鏡を使ってみよう!

そこで登場するのが、虫眼鏡です!

デジカメのレンズと取りたい対象の間に虫眼鏡を当てて、焦点が合うように距離を調節します。
こうすることで、本来の焦点距離より近づいて撮影することが可能になります。
また、小さいものでもかなりアップで撮影することができます。

また、虫眼鏡を使うと、焦点の合う範囲が非常に狭くなるので、取りたい対象以外の背景が綺麗にぼけて、対象をくっきりと引き立ててくれます。

虫眼鏡は、100均で売っているようなもので大丈夫ですが、あまり小さなものだと画像に歪みが出てしまうので、ある程度大きさがあるものの方が良いです。
また、プラスチックのおもちゃのようなものは傷がつきやすいので、できればガラス製のものの方が良いでしょう。

(Photo by Flickr

この記事で使われている画像一覧

  • 20100427104146
  • 20100427104111
  • 20100427104023

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る