\ フォローしてね /

冷ご飯をホームベーカリーでもちもち食パンにする方法

冷ご飯は電子レンジで温め直しても、炊き立てにはかなわず残念な味になることが多いですね。そこでご飯をご飯のまま食べるのではなく、発想を変えてパン生地に入れてもちもち食感のパンを焼いてみましょう。

材料 (1斤250g分 〔〕内は1.5斤400g 分)

  • 強力粉    175g 〔280g〕
  • 冷ご飯     160g 〔256g〕
  • 水       95cc 〔150cc〕
  • 砂糖       17g 〔24g〕
  • 塩         5g 〔7g〕
  • バター      10g 〔15g〕
  • ドライイースト   3g  〔4g〕

機種によって仕上がりに差があります。我が家ではNational SD-BT6という1.5斤用の大変古いホームベーカリー(以下HB)を使っています。砂糖以下の材料の分量は通常の食パンコースの分量通りにしました。お使いのHBの分量表と見比べて加減してみてください。

作り方

STEP1: 冷ご飯をふやかす

冷凍してある場合は解凍し、水を加えてお茶漬け状にし、10分ほどおいてふやかします。電子レンジで温めて粗熱が取れるまで冷ますか、ミキサーなどで粉砕してのり状にします。

熱すぎるご飯やカチカチのご飯ではうまくやけないことがあるので、冷めたご飯を使います。
ミキサーを使わなくてもHBで捏ねる段階でご飯粒はある程度つぶれますが、最後まで残ることもあります。あられ状に残ってぽりぽり食感にしたい場合は粉砕せずに使います。

STEP2: パンケースに材料を入れる

STEP1でミキサーなどを使わない場合は、パンケースで直接ご飯をふやかしてください。ご飯と水を入れてから他の材料を投入します。イーストはイースト容器へ入れます。

STEP3: 食パンコースでスイッチを入れる

あとはHBにお任せ!

おわりに

皮はパリッと、なかはしっとりもちもちの食パンが焼けました。焼き立てすぐは切りにくいので、パンケースから取り出して30分~1時間ほど置いてから切ると切りやすく、味も落ち着いた感じになります。翌日ももちもち美味しくいただけます。

機種やご飯の硬さによって、仕上がりに差が出ますので、色々試してお好みの味を見つけてください。

(Photo By lapin)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。