\ フォローしてね /

粉洗剤がダマにならずに洗濯できる方法

液体洗剤もずいぶん普及してきたと思いますが、まだまだ粉洗剤を使っている家庭も多いと思います。しかしながら、粉洗剤は液体洗剤に比べて、特に寒いときには溶けずに残っている場合があります。

そんなときにダマにならずに洗濯できれば、ずいぶん気持ち良く洗えて干すこともできますね。それでダマにならない粉洗剤の溶かし方を紹介したいと思います。

お風呂の残り湯を使う

まず寒い冬がなぜ洗剤がダマになりやすいかというと、それは寒いから、水道の水が冷たいからです。そのまま冷たい水道の水で洗うと溶けないことがあります。

そこで水ではなくお湯を使うことを考えましょう。でも洗濯のたびに蛇口からのきれいなお湯を使っていては、エコではありません。お風呂の残り湯を使う方法を紹介したいと思います。

汲み上げポンプを使う

ホームセンターで、お風呂のお湯をポンプで汲み上げ、ホースで洗濯機に入れることができる商品があります。すすぎは水道水を使って、洗濯にはお風呂の残り湯を汲み上げたお湯を使いましょう。

洗濯のための水道水の節約にもなります。ポンプはそれほど高くはありません。2千~3千円くらいで売っています。これからずっと使うことを考えたら高い買い物ではないと思います。

ペットボトルを使う

洗濯に必要な量の洗剤をペットボトルに入れて、そこへお風呂の残り湯をいれて上下に振ります。洗剤が溶けたところで洗濯機に入れて、あとはいつものように洗濯機で洗濯します。

ゴミ取りネットに洗剤を入れる

必要な量の洗剤を、洗濯機につけることのできるゴミ取りネットにいれてそのまま洗濯してください。ゴミ取りネットの編み目が細かいので、洗剤がダマにならずに溶かされて洗濯することができます。もちろんきれいなゴミ取りネットを使ってくださいね。

おわりに

夏に比べると冬は汗もそれほどかかないので洗濯も1日何回もすることはないと思いますが、きれいに洗濯した衣類で生活したいのはかわりません。

きれいに溶かした洗剤を使って気持ち良く洗濯してください。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。