\ フォローしてね /

お花見の場所取りの段取り

いよいよ春の訪れも近く、桜の季節がやってきますね。桜といえば「お花見」ですよね。毎年この季節を楽しみにされている方も多いかもしれません。しかし、中には、

  • 「毎年場所取りを担当させられ憂鬱」
  • 「今年は入社1年目だから場所取りをさせられるかもしれない」

と今から不安に思う方もいるのでは?

そこで、今回は「お花見の場所取りのコツ」をご紹介します。是非参考にして頂き、場所取りを成功させ、お花見を有意義なものに出来ると良いですね。

当記事はあくまで場所取りをする際に有効だと思われる方法をご紹介するものです。確実に場所取りを出来る方法ではございませんので、予めご了承ください。

お花見の場所取りは事前準備が必須!

お花見の場所取りは、事前にしっかりとした準備をすることが必要です。その準備によって、場所取りが成功するかどうかも、場所取りをスムーズに出来るかどうかも全て左右されてしまいます。

STEP1:お花見の人数確認

実際に参加する人数を出来るだけ正確に確認しておきましょう。参加人数によって確保すべきスペースの広さが異なります。事前に出欠をしっかり確認することをお薦めします。

STEP2:お花見場所のリサーチ

お花見を実際にする場所のリサーチも必要です。

  • お花見が出来る場所の確認
  • お花見が可能な時間帯
  • 場所取りのルール

を必ず事前に確認しましょう。また、

  • トイレの場所
  • ゴミ箱の場所

も一緒に確認できると良いですね。上記2つは比較的近い方が何かと便利です。勿論、桜が綺麗に見られる場所も一緒にチェックしておきましょう。

場所取りなどは公園や施設のルールに必ず従いましょう。

STEP3:場所取りのための物を準備する

では実際に場所取りをする前に場所取りのためのグッズをそろえておきましょう。

  • シート(実際に使う広さのサイズを準備する)
  • ガムテープ(または重石になるようなもの)
  • 紙とサインペン
  • 防寒グッズ
  • 自分の食料/飲み物
  • 雨具

以上のものを必ず揃えておきましょう。特に桜の季節はまだまだ寒い日が多いですので、防寒グッズや食料、雨具などは自分の身を守るためにも必要です。

場所取りをしましょう!

公園や施設のルールに従い、事前の場所取りをしましょう。どのくらい前に場所取りをすべきかは、そのエリアの人気にもよりますが、数日前から場所取りをしている方もいます。エリアによっては前日までの場所取りを禁止しているところもあります。

場所取りは他の方や施設周辺の迷惑にならないようにしましょう。自分達以外にもお花見を楽しみたい方がいることを理解して下さいね。

STEP4:シートを広げる

まずはめぼしい場所にシートを広げ、シートがずれたり飛ぶことのないように、ガムテープや重しなどでしっかり固定しましょう。

STEP5:使用日時を記載する

画用紙サイズほどの紙にサインペンで使用日時と団体名(または代表者名)を記載し、貼ってください。

こうすることで、記載した時間帯は、他の方に占拠されることなく場所取りができるお勧めの方法です。

別の効果として、記載した時間帯以外は自由にお使いいただけるフリースペースであることを意味します。シートを敷いていても、使用時間前に他の方がその場所を利用したいという場合には、場所を優先して譲ってあげてくださいね。

あくまでお花見スペースは共有スペースですので、皆さんが気持ちよく利用できるように工夫しましょう。また、こうすることで、場所取りの人もずっとその場にいる必要はなくなります。少しその場を離れてもメモ書きがあれば場所取りをしていることがわかりますので、お勧めです。

おわりに

当記事が皆さんの素敵なお花見のためのお役に立てたら幸いです。事故やトラブルのないように、場所取りもお花見も楽しんでくださいね。

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。