\ フォローしてね /

これでOK!第二子出産祝いに適したプレゼントの選び方

第二子の出産祝いは何を贈ったらいいか悩んだ経験のある方も多いと思います。ベビーアイテムは上の子がすでに持っている可能性があるので、下記のことを参考にして出産祝いギフトを選んでみてくださいね。

ポイント1: 同性の場合は服は不要

同性の場合は、ベビー服は上の子のお下がりがあるので、必要ありません。ベビーの時期は激しく動くわけでもないので、上の子の服がきれいな状態で残っているものです。

異性の場合は、カバーオールなど外出用の衣類を贈るのが喜ばれます。家の中で着る肌着やパジャマなどは、異性であっても上の子のお下がりでじゅうぶん足ります。肌着ばっかり増えても困るので、外出用のものが喜ばれます。

ポイント2: ベビー用おもちゃは不要

二人目が生まれた時は、ベビー用おもちゃのプレゼントはあまり喜ばれません。すでに一人目の時のものが残っていますし、上の子のママ友からお下がりが来たりするので、新品である価値がありません。

どうしても、おもちゃをあげたいのなら「持っているもの・欲しいもの」などのリクエストを聞いてからのほうがいいでしょう。

ポイント3: 絵本やDVDなど名作系の流行の無いもの

産まれてすぐには使わないかと思いがちな絵本やDVDですが、スタジオジブリや、ディズニーの映画のもの、また機関車トーマスやアンパンマン、ドラえもんなどの流行のない名作系のものは、喜ばれます。

第二子が生まれると、今まで一人目の子供に向けていた目が、どうしても半分になり、愛情はあっても手をかけてあげられる時間が減ってしまいます。

赤ちゃんに授乳をしたり、寝かしつけてようとしているとき、もく浴をさせている時など、手が離せないときにDVDをつけておくと、上の子が、少しの間じっとしていてくれ助かることも多いです。

流行のレンジャー系より、名作系の絵本やDVDのほうが義父・義母にもウケがいいですし、赤ちゃんが大きくなってからも使えるので、きっと喜ばれるでしょう。

かぶってしまっても、場所を取るものでもないので、あまり困られたりしないと思いますが、すでに持っている可能性も考えて、事前に聞いてみるのもいいかもしれません。

おわりに

出産祝いには、やっぱり赤ちゃんのものを・・・と考えるのが一般的ですが、産んで育てるのに一番体力を使うのはお母さんです。

お母さんの心の栄養になるような、素敵な紅茶とお菓子のセットや、外食できないお母さんのために、長期保管の出来るお取り寄せグルメなども意外と喜ばれますよ。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。