\ フォローしてね /

新入生・新社会人に読んでほしい!人に嫌われない方法

もうすぐ春ですね!学校や就職など、新たな環境に身を置く方も多いのではないでしょうか。

新たな環境で誰からも好かれ、上手くやっていこうとするには、作戦として慣れないうちは「嫌われない方法を取る」のもひとつです。

今回は「誰からも嫌われない人付き合いの方法」をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください!

あいさつをする

初めての場所では気恥ずかしいこともありますが、自分から率先して笑顔であいさつをしましょう。
あいさつは人付き合いの礼儀として重要です。また、知らない相手とのコミュニケーションのきっかけにもなります。

「~ない」と言わない

人は肯定的な言葉より、否定的な言葉に敏感です。

「できない」「好きではない」という言葉をなるべく使わないようにしましょう。

どうしても使う必要がある場合は、努力している、といった肯定的な姿勢を見せると良いでしょう。

陰口を言わない

人の噂は驚くほど早く伝わります。また、聞いた人にも「私も言われているかも…」と警戒心を抱かせてしまいます。

陰口は聞いている方も気分が良いものではなく、陰口を言ったところで改善されるわけでもありません。

どうしても言いたくなったら、「どうすれば上手くやっていけるか」と表現を変えて周りに相談しましょう。

ニオイに気をつける

体臭や口臭は周りの人も注意しづらく、裏で「悪臭テロだ」と言われかねません。

体臭や口臭は朝シャワーを浴びる、ランチの後は歯を磨くなど、予防策があります。

またスーツなどの着衣からもニオイが残ることがあるので、帰ったら消臭剤をかけるなど、身だしなみの一環として取り入れましょう。

自分でも気付きづらい点なので、常日頃用心しておきましょう。

相手の話を一度飲む

友人や同僚の話を聞いていて、自分の意見を伝えたいときがあります。

そんなときには、一度相手の話を「そうだね」と飲み、「でも、こういう考え方もあるよ」と前置きをしてから、自分の意見を伝えます。

また、話の途中で意見を話し始めると、「話を最後まで聞いてないのに!」と角が立つことがあるので、相手の話は一区切りが終わるまで話を最後まで喋らせます。

人は話したことでスッキリすることが多く、聞いてくれるだけで満足することが多いです。

自分の意見を伝えるのはここぞという場面に伝えるようにしましょう。結局受け入れられず自分がストレスを抱えることになるので要注意です。

おわりに

人付き合いの基本は「はじめに穏やかに接する」ことです。

長く付き合えば、自然と距離感が掴め、個性も出しやすくなります。

以前いた環境とは異なることを肝に命じて、良いスタートを切ってくださいね!

(Photo :

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。