\ フォローしてね /

会社でホワイトデーのお返しをするときに気をつけること

会社では同僚だったり部下だったり、いろんな人からバレンタインデーチョコをもらうと思います。

それにお返しをしようと素敵なお返しの贈り物を選んだとしても、返し方が良くないと「こんなことならお返しなんてしてくれない方がマシ」とまで思われてしまうこともあるのです。

お返しの選び方にも渡し方にもちょっとした気遣いをしてもらえると女性も嬉しいものです。

ではお返しをするときに気をつけたほうが良いと思うことをいくつかご紹介しますね。

ポイント1:みんなの前で渡さない

もしかしたらあなたへのチョコレートは特別だったかもしれません。本命という意味ではなく、同じオフィス内でもあなたにだけ「いつも特にお世話になっているから」「特に話しやすいから」「今後あなたとは上手に付き合っていきたい」と特別にチョコをくれたのかもしれません。

女性が全員に平等に配っている場合は別として、もしあなたが特別だったとしたら、みんなのまえでお返しをされるということは、知らなくていい人にも知られてしまうということになります。

さりげなくさっと渡す、もしくは人目につかないように渡すというのも大切な気遣いの一つかもしれませんね。

ポイント2:個々にお返しをする

何人かでまとめてもらった場合も、個々にお返しをする方が良いかもしれません。(そうでない場合は個々に包装されていたり、分けやすいものを選ぶ)

女性数人から連名で一つのチョコをもらった場合、まとめて「みなさんでどうぞ」とお返しすることが多いですよね。でもそのお返し方法だと、かえって迷惑になることもあるのですよ。

例えば仕事に追われている場合だと「分ける」という作業が増えてしまいます。「面倒だから私はいいや、〇〇ちゃんもらって」と考える人もいます。

また、女性はお互いに気を遣いあうものですので、みんな全く気兼ねもなく仲が良い時は別として、この「分ける」作業にも気を遣います。年齢や立場の差があるときは特に大変な思いや嫌な思いをする人も出てくるかもしれません。そう考えると、たとえ連名で一つもらったとしても、個々にお返しする方が親切でしょう。

ポイント3:食べ物は日持ちの良いものを

ホワイトデーは男性方からまとめてお返しをされる事が考えられます。もしみんながみんな食べ物をお返ししたとしたらなかなか食べきれません。

なので、少し日持ちが良いものを選ぶ方が良いでしょう。ケーキやシュークリーム…といったスイーツも嬉しいのですが、多くもらうとかえって困ってしまいます。

そうでない場合は、家にも持ち帰りやすいもの、そのように包装されているものを選ぶと良いでしょう。

おわりに

女性もやはりお返しをもらえるのは嬉しいのですが、渡し方一つでも印象がかなり違います。女性のその時の状況を見ることができ、渡し方にも気を遣える男性は素敵ですね。

女性に喜んでもらえるようなちょっとした気遣いを込めた贈り物を選び、スマートにお返しできるといいですね!

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。