生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 話し上手になる5つのコツ

話し上手になる5つのコツ

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

間違った発言をしてないのに、うまく会話が弾まない、すぐに話題が途切れるといったことはないでしょうか。

そういったシーンに出くわすときは、大概なんらかの間違った方法をとっている場合があるのです。

今回は、少し気をつけておくと、話し上手になれるコツをご紹介します。

これでもう気まずくならない!「雑弾力」を鍛えたい方はこちら
会話を途切れさせない方法まとめ

話し上手になる5つのコツ

1:一方的に喋らない

相手に相槌や一息つく間を与えずに、喋り続けてはいないでしょうか。

相手が会話の内容を理解する、意見を考える時間を与える事も必要です。

少しタイミングをとり、何も返ってこないようならば、相手がその話題に興味をもっていないことがあります。

慎重になって、会話を続けるかどうか判断しましょう。

2:当たり前すぎない

起きた事実だけを並べて喋っても、相手は「だから、なに?」となります。

事実に付随した興味深い事柄や、世間への皮肉や時事問題、おちゃらけてウィットに富んだ語り口で切り出してみましょう。

お笑い好きの人なら、オチを求めることもあります。そういう人に対しては、オーバーリアクションで少し脚色した(そんなアホなと思うような)ストーリーを語ってあげましょう。

ツッコまれたら、「いや、最後のは冗談なんだけどね」と加えればいいだけです。

3:聞き上手になる

相手の発言や意見も耳に傾け、「うんうん」と目より少し下の位置を見つめながら頷きましょう。

また、最後まで聞かずに、話しを遮る行為もご法度です。最後まで受け止めたら(受け止めたと判断できたら)、こちらが発言しましょう。

これによって相手は、会話が成立してる、話しを聞いてくれているという心理になり、あなたの会話を広い心で受け止めてくれるでしょう。

その結果、会話は自然と弾むものに変わります。

4:間に発言を考える

会話をしてる途中に、「そうそう、そうだよね」「うんうん。わかるよ」と発言している間に、次の発言内容を考えます。

それで考察時間が足りない場合は、相手の発言した言葉をそのまま反復して「A君が言ったようにXXXって、XXXだよね。うんうん。わかるよ」と発言している間に考えます。

だんだん慣れてくると、瞬時にボケやツッコミができるようになります。

これによって、相手との会話にリズム感ができて、スムーズに会話が弾みます。

5:コピーする

一番手っ取り早く上達するコツは、自分にとって理想的な会話をする人を真似ることです。

身近にいなければ、有名人やお笑い芸人を参考にして、トーク術を学ぶのもいいでしょう。

その際に見つけたイイトコを真似しちゃいましょう。モノマネをしているうちに、どんどん会話が上手になり、自分なりの言葉でコミュニケーションがとれるようになります。

(Photo by http://www.flickr.com/photos/jsome1/3795628749/)

この記事で使われている画像一覧

  • 20100427144846

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る