生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. ダウンジャケットを自宅で洗濯する方法

ダウンジャケットを自宅で洗濯する方法

2011年02月10日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

ダウンのジャケット・コート・ベスト類は、クリーニング料金がかかることもあり、汚れたまま着ている方も多く見かけますね。

でも幾つかの注意点を守れば、ちゃんと自宅で洗濯することができます。清潔に着こなせるうえ節約にもなる、自宅クリーニングのし方をご紹介します。

色落ちチェック

まずは目立たない箇所で、色落ちテストを行います。ごく少量の液体洗剤を白い布につけ生地をトントン叩いてみて、布に色がつくようなら激しい色落ちが予想されます。

こんな時は自宅で洗うことは諦め、クリーニング店に出すようにしましょう。

洗濯方法(手洗いの場合)

STEP1:洗濯液を作る

まず大き目の洗濯桶に、30℃ぐらいのぬるま湯を使い、中性洗剤の量を計りながら、ちょうどよい濃さの洗濯液を作ります。ダウン類は水を多く吸い込むので、多めに作りましょう。

STEP2:押し洗いする

軽くたたんで液に浸し「押し洗い」します。撥水加工のものが多いため一気に押すと液がこぼれてしまうので、少しずつ押します。

STEP3:汚れを落とす

ダウン類は非常に水に浮きやすいため、両手のひら全体で押したり離したりを繰り返しながら、汚れを洗い落とします。汚れがひどい襟や袖口は、指でつまんで細かく押し洗いします。

STEP4:すすぐ

次にきれいな水に換えて2、3回すすぎの押し洗いをします。シャワーで洗い流してもOKです。

STEP5:水分を取る

脱水は決して握って絞るのではなく、押し絞って、タオルで水分を吸い取る方法でしましょう。

洗濯方法(洗濯機の場合)

必ず洗濯用ネットに入れて洗うようにしましょう。でないと衣類が傷むほか、洗濯機トラブルの原因になります。

ファスナーなどは留めてからネットへ入れ、ネットが小さい場合は軽く畳みます。

洗濯機のコース設定は、ソフトやドライなどの名になっている弱水流を選びます。中性洗剤を入れ、ぬるま湯またはお風呂の残り湯を使えるようにし、スタートします。

干し方

形を整えてしわをのばし、ハンガーにかけて風通しのよい日陰で干します。

脱水後すぐでなければ、目立つシワが残ったり型崩れしますので注意しましょう。

中のダウンが片寄っている場合は、少し乾いてから両手ではさんでポンポンと叩くような感じで、ほぐして直します。ダウンがちぎれてしまうので、決して揉まないようにしましょう。

干す時は針金ハンガーではなく、太く厚みのあるアームが長めのハンガーがお勧めです。奥の方は乾きにくいので2、3日は干しましょう。

湿ったまま収納すると、臭いやカビの原因になりますので要注意です。

おわりに

ダウンとは、水鳥の胸あたりのふかふかした毛のことです。

商品によって量や種類が違いますが、どれも普通の洗剤や水では強すぎて傷みますし、摩擦や圧力でつぶれて元通りにならなくなることもあるデリケートな素材なので、優しく扱う、ということがポイントです。

本記事は、2011年02月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る