\ フォローしてね /

個人事業を始めるときに必要な届出の方法

自分でお店を始めたり、事業を開始した時には、必ず税務署にしなければいけない「個人事業の開廃業等届出書」があります。個人事業主に義務付けられていることなので、忘れずに行いたいものです。

届出のポイントをご紹介します。

ポイント1: 提出期限と用紙の入手方法

「個人事業の開廃業等届出書」の提出は、事業を開始してから1ヶ月以内と決められています。忘れずに税務署へ提出しましょう。用紙は、税務署や国税庁のホームページで入手できます。

国税庁ホームページ・個人事業の開業廃業届出手続

開業の届出をすることによって、事業の所得は「事業所得」になります。事業所得は青色申告の対象になるので、特別控除を受けることが出来るようになります。

個人事業主としては、メリットになることなので、必ず開業の届出をしましょう。

ポイント2: 提出する場所

基本的に納税地(自宅の住所)の税務署です。店舗などが住所と違う場所にある場合は、その店舗のある場所を所轄する税務署へ行きましょう。

管轄の税務署は、国税庁のホームページで調べることが出来ます。

国税庁ホームページ・国税庁税務署を調べる

ポイント3:印鑑を忘れずに

「個人事業の開廃業等届出書」は、国税庁のHPから、用紙をダウンロードして事前に記載していく方法もありますが、税務署に直接行って、その場で書くことも出来ます。特に添付書類など要りません。

一度、用紙を受け取って持ち帰って書くよりも、その場で書いて提出するほうが、二度手間にならず時間の短縮になります。提出には印鑑が事業主の印鑑が必要になるので、必ず持っていきましょう。

事前に用紙を記入して持参する場合でも、もしかしたら訂正部分が発見されるかもしれないので、印鑑は必需品ですよ。

おわりに

税務署に「個人事業の開廃業等届出書」を出しにいくと、同時に「青色申告承認申請書」をもらえます。青色申告は、個人事業主にとって節税対策の第一歩となるので、必ず出すようにしましょう。

確定申告は、近年はインターネットを使って提出できるようになりました。便利なよのなかになりましたね。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。