生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 気遣いのできる女性になるコツ

気遣いのできる女性になるコツ

2011年02月09日作成

 views

はじめに

気遣いの出来る女性って素敵ですよね。周りにいる気遣いの出来る女性、皆さんは憧れませんか?

筆者はとても憧れるんですよね。残念ながら自分自身がなかなか気付けない人だと感じているので。

いるんですよね、変なところで気遣いを見せるんじゃなく、要所要所をきちんと押さえて、周りの人から「助かった!」「ありがとう!」を沢山貰っている方が。

筆者みたいな人がこのような方の真似をしたところで、ポイントが掴めていないために変な空気になってしまったりするんですよね。何でなんでしょう。

さて、では、一般に「気遣いの出来る女性」ってどんなことをしているのでしょうか?

今回はそのポイントをまとめてみましたので、良かったら読んでみてください。もしかしたら気遣いの出来る女になれるコツ、解るかも知れませんよ?

気遣いの出来る女性になるコツ

1、心から相手のことを思う

例えば仕事でミスをしてしまった時、「がんばって」と声をかけながら何か甘い物でも差し入れてくれる。ミスをして落ち込んでいる時、変化を察知して「どうしたの?」と悩み事のはけ口になってくれる。

こんな女性、素敵じゃありませんか?筆者は素敵だと思います。他人を思う心を行動に移せる、これって素敵な女性だと思います。

こういうことって行動に移すのに躊躇してしまいがちではないかと思うんです。変化には気付いたけど、「どうしたんだろう?」で終わってしまった。なんてことありませんか?

そこから一歩進んで、「どうしたの?大丈夫?」「何かあったの?」と優しく声をかけられる方って気遣いの出来る女性ではないでしょうか。

2、相手の欲しているものをいち早く理解しそれを提供

その場面場面で、相手が必要としているものを察知・提供できる人も気遣いの出来る女性ではないかと思います。

例えば、飲み物をこぼしてしまった際、すぐにハンカチを貸してくれる。カップに「飲み物が無くなって来たな…」と思ったら、「○○さんもコーヒーもう一杯どうですか?」と声がかけられる、等。

きっと、常に周囲の色々なことにアンテナを張ることができる、ということなのではないかと思います。ですから、「いち早く」気付くことが出来るのではないかと。

でもこれ、難しいんですよね。そう思ったからといってすぐに実行に移せることではないと思います。ですので、経験を積むことが必要になってきます。

周囲にいる「気遣い上手さん」の行動を観察しつつ、自分も少しずつ努力していけば、いずれはあなたも気遣い上手さんになれるはず。

経験を積む、ということは時間がかかるということですので、始めるなら早い方が良いんです。自分に必要だな、と感じられた方は明日からでも少しずつ実行に移していけば良いのではないでしょうか。

3、誰かが何気なく話したことを覚えている

気遣い上手さんを見ていると、つくづくこう思いますね。「そんなことも覚えててくれたの?!」と驚くことが多々あります。

この、「他人が何気なく話したこと」を覚えておき、後からそれを役立てる。例えば、相手が好きだと言っていたものを覚えていて、それをパーティのお土産に持っていく。

「これ素敵だよね」と相手が言っていたものを覚えておいてそれを誕生日にプレゼント、または相手が熱心に見ていた雑誌のページを盗み見てそれを誕生日にプレゼント。

こんなことができればきっと周りから好かれるんだろうな、と筆者は感じました。でもそういうことが好きな方であれば苦はないかとも思いますが、それはそれで大変そうですけどね。

周りの人に好かれているということは、周りの人に分け隔てなくそういう気配りができていると言うことでもあると思いますので。

おわりに

いかがでしたでしょうか?今回この記事を書くに当たり、筆者は完璧な気遣い上手さんにはなれそうにもないと痛感しました。でもまぁ、自分の出来ることをやって行けば良いかな、と。

アンテナを周りに張り巡らすことは出来ませんが、周囲の何気ない言葉を総て覚えておくことはできませんが、まず、相手の異変を感じたら躊躇せずに声をかけてみようかと思っています。あの躊躇が曲者なんですよね。

でも、行動する勇気も必要です。皆さんもそんな感じでご自分の出来るところから実行していければ、いずれは「気遣い」の出来る女性になれるはず。

本記事は、2011年02月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る