生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 気遣いのできる女性になるためのポイント

気遣いのできる女性になるためのポイント

2011年02月09日作成

 views

はじめに

周りの人に気遣いができる女性は、性別や年齢を問わず誰からも好かれるものです。そこでこの記事では、気遣いのできる女性になるためにぜひ心がけたい3つのポイントをご紹介します。

気遣いを示せる女性になるコツ

周りをよく見る

まず基本的なこととして、周りの状況をよく見ることが大前提となってきます。職場でも家族の中でも友人関係においても、自分の周りの人がどんな状況にあるかをしっかり把握しておくことが大切です。

これができなければ気遣いを示すチャンスそのものを逃してしまいます。自分のことだけで頭がいっぱいだったり、自分がすべき仕事にかかりっきりになっていたりすると、他の人に目が向かなくなってしまいます。

「自分さえ良ければいい」とか「自分の仕事がスムーズに進めばそれでいい」などという考え方をしているようでは、周りの人を気遣う余裕はいつになっても生まれてこないでしょう。

これは仕事に限ったことではありません。恋愛にのめり込んでしまった場合、自分がどうすれば成功できるかということばかり考えて、身近な友人への配慮さえ失ってしまう可能性があるので要注意です。

さりげなく手伝う

気遣いができる女性は、周りの人を助けるときにさりげなく目立たない仕方で手伝うものです。自分をよく見せようとして気遣うようでは、本当の意味で相手を気遣っていることにはなりません。

また、タイミングも大切です。一歩間違うと良かれと思ってしたことがかえって相手の迷惑になってしまったり、さらに相手のトラブルを増やしてしまうこともあり得ます。

自分はせっかく親切にしたつもりでも、それが相手との距離を遠ざけてしまったり「おせっかいだ」と感じさせてしまうことは避けたいものです。そのためにも動くタイミングをしっかり見極めましょう。

「相手から助けを求められるまで何もしない」というスタンスでいると、失敗は少ないかもしれませんが「頼まないとしてくれない」というネガティブな評判が立つかもしれません。

他の人をよく褒める

もう一つ心がけられるポイントは、周りの人の良い点を探してよく褒めることです。人はだれでも身近な人から褒められると嬉しくなり、自分に自信を持つことが出来るようになるものです。

それでチャンスがある時には相手に直接褒め言葉を伝えて、あなたが相手を大切に思っていることや高く評価していることを言葉で表すようにしましょう。

直接伝えることができなくても、「〇〇さんにはこういういいところがあるな」とか「主人はいつも~~してくれてありがたいな」など、身近な人の良い性格を探すだけでも接し方が変わってくるはずです。

これはお世辞を言ったりおべっかを使うこととは全く違うので気をつけましょう。不純な下心はすぐに相手に伝わってしまいます。

おわりに

今回ご紹介したポイントを心がければ、職場でも家庭でも「気遣いができる心の綺麗な人」という評価を得ることができるので、それはあなたの自信となってさらに自分を磨く力になるでしょう。

本記事は、2011年02月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る