生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 「出来る人オーラ」を放つプレゼンをするためのコツ

「出来る人オーラ」を放つプレゼンをするためのコツ

2011年02月09日作成

 views

お気に入り

はじめに

会議での重要なプレゼンを任されると、緊張と同時に「出来るところをアピールしよう」という気持ちにもなり、モチベーションが上がることでしょう。

そこでこの記事では、「出来る人オーラ」を程良く放つプレゼンをするために心がけたいポイントを具体的にまとめてみました。

魅力的なプレゼンをするコツ

話の流れを把握しておく

まず基本的なこととして、プレゼンの際に話す資料をしっかり読んで内容と流れをきちんと把握しておきましょう。場当たり的にこなしているのではオーラを出すことはできません。

どんなプレゼンをするときでも、自分が特に伝えたいポイントが幾つあるのか、またそれを裏付けるためにどんな板書やグラフなどを使うのかといった点を頭に入れておく必要があります。

流れを把握していないと、途中で頭が真っ白になってしまってプレゼンを続けるのが大変になったり、大切なポイントを言い忘れてしまいかねないので気をつけましょう。

まず結論や要点を言う

次に心がけたいのは、まず結論や要点を言ってから「なぜかと言いますと…」などといってその理由を話すようにすることです。

長々と説明をした後でやっと自分の伝えたい結論や要点にたどり着く話し方では、参加している人は途中で飽きてしまって話についてこなくなるかもしれません。

もちろん強く押し付けるような口調や雰囲気になってしまうのはNGですが、伝えたいことを繰り返し言うと聞いている人も覚えてくれやすくなります。

質問を予測しておく

もう一つ心がけたいポイントは、プレゼンの後に参加者から出るかもしれない質問を前もって予測しておくことです。

事前に資料の内容を確認する時に、「どこで突っ込まれそうか」とか「どんな裏付けデータを答えられるか」などと考えておけば、会議中にあたふたすることがないのでぜひ予測しておきましょう。

おわりに

きちんと準備をしてから会議に臨めば、自信を持って自分の意見を話すことができるので、それだけで「出来る人オーラ」を放つことができます。ぜひ前もってできるこれらのコツを試してみてください。

本記事は、2011年02月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る